無料で始められる言語交換のやり方【5ステップで解説】

語学全般

言語交換を通して英語勉強したいんだけど、どうやって言語交換相手を見つければいいんだろう? できれば言語交換のやり方も教えて欲しい、、

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  1. 言語交換を始める前に知っておくべき点
  2. 言語交換のやり方【5ステップ】

言語交換アプリ使用歴は約2年半ほどです。(2021年4月時点)

言語を勉強する際、単語・文法は一人で勉強しやすいものの、「話す」「書く」練習は一人では難しいですよね。

そんな中、海外の人とお互いに言語を学びあえる「言語交換」に、興味を持っている方も多いのではないでしょうか?

ということで、今回の記事では、言語交換のやり方を5ステップに分けて紹介します。

冒頭では、言語交換を始める前に知っておくべき点についても触れているので、あわせてご覧ください。

スポンサーリンク

言語交換を始める前に知っておくべき点

言語交換を始める前に知っておくべき点

  1. すぐに言語交換相手が見つかるわけではない
  2. お互い言語を教えるプロではない
  3. 同じくらいの言語レベルの人と話した方がいい
  4. 危険性あり【変な人が混じっている】

一つずつ解説します。

すぐに言語交換相手が見つかるわけではない

言語交換を始めるには相手が必要ですが、実はこの相手を見つける作業が結構大変。

・メッセージがなかなか続かない(電話まで漕ぎ着けない)

・性格・趣味が合う人を見つけるのが難しい

・日本語学習者(外国人)が英語学習者(日本人)に比べて少ない

これらが大きな理由ですね。

メッセージがなかなか続かない

以下の写真は、僕が今使っている言語交換サイトでの外国人とのやり取りの一部。

見ての通り、メッセージが途中で途切れてますよね。

信頼できる真面目な学習者と電話するには、

・何通かチャットする

・お互いのことを知る

・趣味や性格が似ていることを確認

・電話する

といったステップを踏む必要があります。

でも、ほとんどは、「調子はどう?」「どうして英語勉強してるの?」「学生?会社員?」「どこに住んでいるの?」などの質問だけで終わりますね。

根気強く多くの人にメッセージを送り続けることが必要不可欠ですよ。

性格・趣味が合う人を見つけるのが難しい

「チャットしてる時は性格が合うと思ったのに、実際話してみたらめちゃめちゃ話しづらかった。」なんてことも普通にあります。

話しやすい人を見つけるには結構時間かかりますね。

日本語学習者(外国人)が英語学習者(日本人)に比べて少ない

英語を学びたいと思っている日本人はマジで多いです。

英語圏の人はいつも取り合いになるので、「すぐに理想のパートナーが見つかる」という淡い期待を持たない方が良いですね。

ただ、中国語学習者はその心配はいりません。

日本語を勉強している中国人はびっくりするほど多いので、受けの姿勢でもメッセージをもらえますよ。

お互い言語を教えるプロではない

言語交換で複雑な文法・フレーズの質問をするのはご法度。

というのも、お互い言語を教えるプロではないからですね。

正直、文法の質問をしてもうまく答えられない人が多いです。

細かい質問がある人は、プロの講師からしっかり教えてもらうことをおすすめしますよ。

同じくらいの言語レベルの人と話した方がいい

言語交換するなら、できるだけ同じ言語レベルの人を選んだ方がいいですね。

理由は以下の通り。

「相手:上級者 / 自分:初級者」
→ ほとんど日本語で話してしまう

「相手:初級者 / 自分:上級者」
→ 学習言語を話せる時間は多いが、なんか罪悪感がある

一番いいのは、相手も自分もある程度、学習言語で話せるレベル。

これなら、「30分:英語のみで会話」「30分:日本語のみで会話」などと時間を区切りやすく、効率よく会話の練習ができます。

相手に質問もしやすいですしね。

ほんと、違うレベルの人と話すのは結構ストレスに感じますよ。

危険性あり【変な人が混じっている】

言語交換には、投資・宗教勧誘、ナンパ目的の人が混じってます。

ちなみに僕は、中国美女から何回も投資の勧誘を受けたことがありますね。

【経験談あり】Hellotalk(ハロートーク)は危険?安全に使用する方法とは?」でその様子を生々しく書いているので、興味がある方はどうぞ。

・男性:美人から投資詐欺の勧誘を受ける

・女性:海外の男性からナンパされたり、卑猥な写真を送られる

・共通:宗教の勧誘をされる

一般的にはこのような傾向がありますね。

変な人からのメッセージにはマジで要注意です。

言語交換のやり方【5ステップ】

言語交換のやり方【5ステップ】

  1. 言語交換を行う理由を考える
  2. 言語交換アプリ・サイトを選んで登録する
  3. 言語交換相手を見つける
  4. 事前に話すテーマを決めて準備する
  5. 電話で会話練習する

上記の5ステップに分けて解説します。

言語交換を行う理由を考える

まずは、言語交換したい理由を、簡単でも良いのでメモ帳などに書き出しましょう。

なんとなくで初めてしまうと、絶対長続きしませんので。

例えば、

・コロナが終わったら海外に留学しに行きたい。今のうちに会話力を身につけておきたい。

・海外の友達を作りたい

・海外の文化を学びたい

・発音の練習がしたい

・日記の添削をしてほしい

などなど。

目標を定めて初めて、言語交換の効果は発揮されますよ。

言語交換アプリ・サイトを選んで登録する

次に、言語交換アプリ・サイトを選びましょう。

僕自身が実際に使っている言語交換サービスは、「Hellotalk」「Tandem」「italki」の3つ。

それぞれの特徴を簡単にまとめますね。

Hellotalk

Hellotalkの大きな特徴は、「タイムライン機能」があること。

なので、

今日誰かと電話したい気分だな〜。今から電話できる人いないかな?

と思った時に、すぐに会話相手を募集することができます。

こんな感じですね。

あと、Hellotalkは基本的には無料で使えますが、一度に勉強できる言語は1つまで。

プレミアム会員(有料)になれば3つまで学習可能になりますよ。

Tandem

Tandem タンデム - 言語交換で外国語学習

Tandem タンデム – 言語交換で外国語学習

無料posted withアプリーチ

Tandemの大きな特徴は、無料ながら複数言語学べることと、PC版でも音声・ビデオ通話できる点。

HellotalkにもPC版があるんですが、使える機能はチャットのみです。

大画面でビデオ通話したい人にはもってこいですね。

italki

italki: オンラインで言語を学ぶ

italki: オンラインで言語を学ぶ

無料posted withアプリーチ

italkiは、「言語交換」と「オンラインレッスン」の両方の機能が備わっているサイト。

「言語交換」をする際は、「skype」などの外部コミュニケーションツールを使う必要があります。

真剣な学習者が多い印象ですね。

各アプリ・サイトの登録方法は以下の記事で解説しているので、あわせてどうぞ。

言語交換相手を見つける

次に、言語交換相手を見つけていきましょう。

理想の言語交換相手を見つけるコツは以下の通り。

・相手の学習目的・趣味・興味があることを確認

・複数の人にメッセージを送る(10人ほど)

・芸能人並みの美人は避ける

・自己紹介文に少しでも違和感を感じる人は避ける

・相手に日本語を勉強している理由を尋ねる

正直、自分好みの相手と巡り合うには、数を打つしかありません。

何件かメッセージをやりとりしていると、なんとなく自分と性格が合うかどうか掴めるはず。

ちなみに僕は、明るい人がいいので、積極的にメッセージしてくれる人に的を絞ってますね。

事前に話すテーマを決めて準備する

言語交換で効率よく言語を学びたいなら、事前に話すテーマを決めておいた方がいいですね。

テーマがないと、毎回同じような話題で会話してしまうので。

それだと、すでに知っている単語ばかり使ってしまい、新しい語彙が全く身につきません。

・テーマを2〜3つほど決める。

・そのテーマに対する自分の考えや意見を日本語で書き出す

・日本語を学習言語に直す

・音読練習

ここまでやっておけば言うことなしですね。

「追記」

学習目的が、「海外の友達を作りたい・添削してほしい」であれば、テーマを決める必要はありません。

チャットで添削してほしい文章を送ったり、何にも考えずにただただ会話を楽しむとかでOK。

電話で会話練習する

お互いWin-winの関係を築けるように、それぞれの言語を話す時間はしっかりと決めておきましょう。

・最初の15分は英語、残りの15分は日本語

・月曜日は英語のみ、木曜日は日本語のみ

例えばこんな感じですね。

余った時間は、自由な話題で話せばOK。

とにかく楽しんで相手と会話することが大事ですよ。

「会話中、何を話せばいいのかわからない、、」という方は、「会話を広げるための10の質問」の記事を参考にしてみてください。

まとめ

今回は、「言語交換を始める前に知っておくべき点」「言語交換のやり方」を紹介しました。

言語交換は正しくやれば、スピーキング・ライティング力を伸ばすのに役立ちます。

楽しむ気持ちを忘れずに、ぜひ言語交換に取り組んでみてくださいね。

それでは楽しい英語・中国語LIFEを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました