【言語交換アプリ】Tandem(タンデム)の機能・使い方を徹底解説

語学全般

・tandemってどんなアプリなの?

 

・tandemは本当に言語の勉強に役立つ?

 

・tandemの使い方を教えて欲しい、、

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  1. tandem(タンデム)とは?
  2. ここがイチオシ!tandemの大きな特徴
  3. tandemの気になる点
  4. tandem登録・使い方
  5. 【重要】言語交換アプリのデメリット

記事の信頼性

この記事を書いている僕は、世界中の外国人に日本語を教える傍ら、英語・中国語を独学で習得中。

現在実際に使用している言語交換アプリ「Tandem(タンデム)」を今回ご紹介します。

「英語・中国語を勉強したいけど、正直学習にあまりお金かけたくない、、できれば無料で、、」

こう思っている方も多いはず。

オンライン英会話や教材って結構高いですしね。気持ちはわかります。

そんな方の言語学習の救世主となりうるのが「言語交換アプリ」

言語交換アプリを使えば、無料で世界中の日本語学習者から言語を教われるのでほんと便利です。

今回の記事では、言語交換アプリの1つ「Tandem(タンデム)」の特徴や使い方についてご紹介します。

言語交換を通して英語・中国語力を伸ばしたい方は是非記事をご覧ください。

スポンサーリンク

tandem(タンデム)とは?

tandem(タンデム)とは?

tandem(タンデム)は、アプリ・PC上で世界中の日本語学習者と繋がれるサービス。

「Hellotalk」や「italki」などといった言語交換サービスの一つですね。

言語交換とは?

外国人に日本語を教える代わりに、学習中の言語を教えてもらうこと。

無料で言語を学べる以外にも、外国人の友達を作りやすいといったメリットがある。

日本では2017年にアプリがリリースされてるので、まだ約4年しか経っていない比較的新しいアプリです。

現在のユーザー数は世界中で約1,000万人

さらに「Techcrunch」や「lifehacker」などの人気サイトにも取り上げられているので、その人気の高さが伺えますね。

ここがイチオシ!tandemの大きな特徴

ここがイチオシ!tandemの大きな特徴

「tandem(タンデム)」の大きな特徴は以下の4つ。

  1. 言語交換パートナーからの評価(レビュー)がつく
  2. 自由に投稿できるタイムライン機能が全くない
  3. PC版でもチャットのやり取り・ビデオ通話が可能
  4. 無料で複数の言語を学べる

一つずつ見ていきましょう。

言語交換パートナーからの評価(レビュー)がつく

真面目に学習しない人や変な人とは言語交換したくない、、

言語交換アプリには、言語学習目的ではなく、ナンパ目的で使用している人も少なからずいます。

でも写真や自己紹介文を見ただけでは、正直見分けがつきませんよね、、

Tendamには、以下の写真のように言語交換パートナーによるレビュー制度があるので、その人の評価を事前に確認可能。

信頼できる言語交換パートナーを見つけやすい点は、大きな特徴ですね。

自由に投稿できるタイムライン機能が全くない

言語交換アプリを使うとついついだらだらとタイムラインを見てしまう、、

「Hellotalk」では、タイムライン上で自由に投稿ができる一方、tandemにはその機能が全くついていません。

タイムラインを見ること自体は面白いんですが、気がつくと、「やばい、もう1時間経ってる、、」なんてことも。

これって結構時間の無駄ですよね。

その点、タイムライン機能がないtandemでは、1対1のやりとりに集中しやすいといったメリットがありますよ。

PC版でもチャットのやり取り・ビデオ通話が可能

スマホよりもPCで電話する方が好きなんだよね。

スマホでビデオ通話するとなると、スマホの置き場所に困りますし、何よりも画面が小さすぎますよね。

何を隠そう、僕も完全にPC派です。

tandemでは、PC版もアプリ版と同様にビデオ通話が可能。

大きな画面で相手の表情を見やすいですし、分からない単語・フレーズが出てきてもその場ですぐに検索できます。

控えめに言って最高ですね。

ちなみに「Hellotalk」にもPC版はありますが、PC版では電話が一切できないのでその点かなり不便です。

PC版を使いたい方は、以下の記事をどうぞ。

無料で複数の言語を学べる

英語だけじゃなくて、中国語も学びたいんだけど、、

tandemでは、無料で複数の言語を学ぶことが可能。

例えば、学習言語を「英語」「中国語(簡体字)」「中国語(繁体字)」に設定すると、英語圏・中国大陸・台湾・香港の人がパートナー候補として表示されます。

なので、仮に「アメリカ人と話した後に中国人とも話したいな。」と思っても全く問題なし。

Hellotalkでは、無料の場合、1つの言語しか学べないんですよね。(プレミアム会員なら同時に3つまで学習可能)

これは意外と大きな差です。

tandemの気になる点

tandemの気になる点

tandem(タンデム)の気になる点は以下の2つ。

  1. 思い立った時にすぐ会話練習できない
  2. ナンパ・勧誘目的の人が混ざっている

思い立った時にすぐ会話練習できない

先ほども書いた通り、tandemにはタイムライン機能がありません。

これ実はデメリットでもあるんですよね。

というのも、「会話相手の募集ができないから」です。

Hellotalkでは以下のように、いつでも時間がある時に、「誰か電話しませんか?」などとつぶやくことができます。

結構高い確率で返信が返ってくるので、思い立った時に会話しやすい。

「決まった時間ではなく、その日の気分によって会話するかどうか決めるタイプだ!」という人にとって、tandemは少し使いづらいかもですね。

ナンパ・勧誘目的の人が混ざっている

残念ながら、他の言語交換アプリと同じく、tandemにもナンパ・勧誘目的の人は混じってます。

tandemには、「ブロック・通報機能」は一応ついていますが、それでも来るものは来ますね。

特に女性の方は、高い確率で外国人から変なメッセージが来るはずなので、あらかじめ対策が必要。

何があっても個人情報(メールアドレスや他のSNSアカウントなど)は教えないようにしましょう。

tandem登録・使い方

tandem登録・使い方

tandem(アプリ版)の使い方について、

  1. 登録〜申請
  2. パートナーの見つけ方
  3. チャットルームの使い方
  4. 各種設定

の4つに分けて紹介します。

登録〜申請

  • STEP1
    登録に必要なもの2つ

    tandemの登録に必要なものは以下の2つです。

    ・Google、Facebook、Wechat、Appleアカウントのうちどれか

    ・顔写真

    必要なもののハードルはかなり低いですね。

    ただ2つほど注意点があります。

    「注意点①」

    顔写真には必ず自分の顔が写っている写真を設定してください。

    イラストやネット上の写真を使ってしまうと、申請に通りませんので。

    「注意点②」

    Appleアカウントを選択すると、自動的に登録用のメールアドレスが設定されてしまいます。

    僕はそれを確認せず、後からPC版でログインしようとした際に、「メールアドレスが分からない、、」という状況に陥りました。

    なので、できるだけGoogleアカウントで登録することをおすすめしますよ。

  • STEP2
    tandemに登録する

    >>iOSはこちら

    >>Androidはこちら

    上のリンクからtandemアプリに飛べます。

    まずは、「自分の母国語」と「母国語以外に流暢に話せる言語」を選択。

    その後、以下の3つの質問に答えていきます。

    ・どんなテーマについて話したい?

    ・どんなパートナーと話したい?

    ・学習目標を教えてください

    各質問ともに、最低でも15文字以上入力する必要あり。

    ここが若干めんどくさいかも。

    ただ、しっかり書いておけば、真剣に言語を学びたいと思っている外国人からメッセージをもらいやすいですよ。

  • STEP3
    申請が許可されるのを待つ

    tandemで言語交換を始めるには、入会申請の許可をもらう必要があります。

    言語ごとの登録人数を調整するためらしいですね。

    僕の場合は、30分後くらいに許可がおりました。

    最大1週間ほどの時間がかかる場合もあるようなので、気長に待ちましょう、、

    ちなみに、ここで「tandem pro」をおすすめされます。

    「tandem pro」にアップグレードすれば、待たずにすぐ使い始められるとのこと。

    ただですね、次の写真をよく見てみてください。

    左はこの時点で提示される価格。右は申請が通った後の24時間限定価格。

    天と地の差ですよね。

    よっぽどの理由がない限り、この時点でproにアップグレードする必要はなさそうです。

  • STEP4
    簡単な自己紹介を記入する

    申請に通った後は、簡単に自己紹介を記入します。

    項目は、「趣味・関心」「こんな人とおしゃべりしたい」「学習目標」の3つ。

    「注意点」特に女性の方!

    出会い目的の人を避けるためにも、「こんな人とおしゃべりしたい」の欄に、「I’m not here for Dating」などと付け加えておくことをおすすめします。

    中には常識はずれの人もいるので。

パートナーの見つけ方

tandemでは、あらかじめ設定した学習言語に則って、自動的におすすめパートナーを表示してくれます。

パートナーを見つける際に注意すべき点は以下の3つ。

・相手の居住地を確認する

・相手のプロフィール画像を確認する

・相手の学習計画を確認する

相手の居住地を確認する

言語交換に時差はつきものです。

なので、相手の居住地をあらかじめ確認しておくといいですね。

相手のプロフィール画像を確認する

これは男性が注意すべきポイントですが、プロフィール画像が芸能人ばりの美人だったら要注意。

僕の経験上、そういう人は言語目的ではなく、投資詐欺などの目的で使用している可能性が高いです。

絶世の美女の写真を見ても、そこはグッと我慢して違う人を探しましょう。

相手の学習計画を確認する

相手が会話したいこと、会話相手に求めていることをしっかり確認しておくことも大事です。

趣味や性格が合わない人と話すのって結構しんどいですからね。

チャットルームの使い方

チャットルームでできることは主に以下の7つ。

・ボイスメッセージ送信

・写真送信

・音声通話

・ビデオ通話

・メッセージの添削

・メッセージの翻訳

・メッセージの読み上げ

ボイスメッセージ送信

右下のマイクボタンをタップし、録画ボタンを押します。

音声を確認して、送信マークを押せばOK。

写真送信

左下のカメラマークをタップし、写真を選択すればOK。

音声&ビデオ通話

右上のメニューボタンから、「音声・ビデオ通話」ボタンをタップすればすぐに通話を開始できます。

メッセージの添削

相手のメッセージをタップして、「メッセージを添削」を選択。

間違っている部分だけを直して送ることができます。

メッセージの翻訳

相手のメッセージをタップして、「翻訳」を選択。

かなり高い精度で翻訳してくれますよ。

メッセージの読み上げ

相手のメッセージをタップして、「読み上げ」を選択。

音量には注意してくださいね。

僕はし〜〜んとしたカフェで大音量で流してしまい、恥ずかしい思いをしたので。

各種設定

やっておくべき設定が1つだけあるので紹介します。

ホーム右上のプロフィール写真をタップして、「学習スタイル」を選択。

ここでは、「コミュニケーションの方法」「学習時間」「学習スケジュール」「希望の添削頻度」をそれぞれ設定できます。

設定しておいた方が、相手からメッセージをもらいやすいです。サクッと設定しておきましょう。

【重要】言語交換アプリのデメリット

【重要】言語交換アプリのデメリット

言語交換アプリにはもちろんデメリットもあります。

それは、「効率よく言語を勉強できない」ということ。

というのも、

・日本語ばかり話す相手に当たる場合がある

・言語交換相手を見つけるのに時間がかかる

・日本語を教える必要がある

からですね。

確かにお金はかからないですが、その分時間はかなり消費してしまいます。

毎日仕事や家事、学業に追われている人にとって、時間は貴重ですよね。

そんな方には、言語交換よりも「オンライン英会話・中国語」がおすすめ。

自分の都合の良い時間にいつでもレッスンを受けられますし、何よりも言語学習に集中できます。

しかも、約6,000円/月から始められるから、コスパも最高。

以下の記事にて、マジでおすすめするオンライン英会話・中国語会話スクールを紹介しているので、よければどうぞ。

まとめ

今回は、言語交換アプリ「Tandem」の機能や使い方を紹介してきました。

無料で世界中の日本語学習者と交流しながら言語を学びたい方は、ぜひこれを機に使ってみてください。

それでは楽しい英語・中国語LIFEを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました