中国語を話せるようになるための勉強法4選【発話が大事】

中国語勉強法

中国語を話せるようになるための効率的な勉強法を教えて欲しい、、

こんな方におすすめの記事です。

本記事の内容
  1. 中国語を話せるようになるために必要な心構え【たった一つ】
  2. 中国語を話せるようになるための勉強法4選

「あ〜。私もあんなふうに中国語話せるようになりたいなぁ〜」

でも現実はそう簡単にはうまくいかないですよね。

ということで、今回の記事では、「中国語を話せるようになるための勉強法」を4つほど紹介します。

この記事を読むことで、会話力を伸ばしたい人がすべき勉強法を知れますよ。

スポンサーリンク

中国語を話せるようになるために必要な心構え【たった一つ】

中国語を話せるようになるために必要な心構え【たった一つ】

結論「とにかく中国語を口から出す」

これに尽きますね。

当たり前ですが、中国語を話さない限り、中国語を話せるようにはなりません。

実際、HSK6級合格者の中にも、 「中国人の言っていることが全く聞き取れない」、「言いたいことが中国語で出てこない」という人はいます。

膨大な量の単語をインプットしている人は多いものの、それを実際の会話で使える人は少ないのが実情。

中国語を話せるようになりたいなら、

「インプット中心の学習」→「インプット&アウトプットのサイクル学習」

に切り替えることがマジで必須です。

中国語を話せるようになるための勉強法4選

中国語を話せるようになるための勉強法4選

  1. 発音・声調練習
  2. 瞬間中作文
  3. ドラマ・映画を見ながらシャドーイング
  4. 中国人と会話

一つずつ紹介します。

発音・声調練習

発音・声調練習が疎かになっている人は要注意です。

中国語は発音が命。発音が適当だとマジで中国人に意味が伝わりません。

これまで100人以上の中国人と会話してきた僕自身も、そのような経験をしたことが何回もありますね。

例えば、

相手に伝わらなかった言葉(原因:ピンイン)

「语言(yǔyán)」「积分(jīfēn)」

間違った意味で伝わってしまった言葉(原因:ピンイン)

「网上(wǎngshàng)」と言ったつもりが、「晚上(wǎnshàng)」の発音になっていた

相手に伝わらなかった言葉(原因:声調)」

「简直(jiǎnzhí)」

「日本語にはない音を発音した時」「声調を間違えた時」に「え?」と聞き返されることが多いです。

もし、現段階で発音・声調に不安を感じている方は、「参考書・youtube動画」「中国語読み上げサイト」「ボイスメモ」を使って、発音矯正しておきましょう。

下記の記事を参考にしてみてください。

参考書

詳しい説明付き。じっくりと発音練習したい人におすすめ

関連記事【保存版】中国語独学に役立つ参考書・本のまとめ【7分野に分けて紹介】

youtube動画

口の動きがわかりやすい。手軽に発音練習したい人におすすめ

関連記事 中国語学習に役立つおすすめyoutube動画10選を一挙に紹介!

中国語読み上げサイト

音声がついていない中国語の文を読み上げてほしい時に便利

関連記事 中国語を自動で読み上げてくれる無料サイト・アプリ6選

ボイスメモ

自分の発音を確認する時に便利

スマホに内蔵されているボイスメモで十分ですよ。

瞬間中作文

中国語初心者は「瞬間中作文」をやるべき。

「瞬間中作文」とは?

日本語の文を見て、即座に中国語の文に直す練習のこと

瞬間中作文をやるべき理由は以下の2つですね。

・中国語の文型を体に馴染ませる必要がある

・初心者にとって、話したい内容を直接中国語で考えるのは難しい

ちなみに、これは英語についてですが、英語を話せるようになった海外留学経験者ですら、現地で「日本語→英語」の変換を行っていたとのこと。

日本語を経由せずに中国語だけで考えるのはマジで無理ゲーです。

まずは日本語を介して、パッと中国語の文が出てくるまで練習しましょう。

「瞬間中作文」の練習に役立つ書籍はこちら。

ドラマ・映画を見ながらシャドーイング

瞬間中作文だけでは、表現の幅が広がりません。

日常会話で使えるフレーズを身につけるためにも、「中国のドラマ・映画」を見るのはおすすめですね。

単に見るのではなく、役者の台詞の後に続いて実際に発音する「シャドーイング学習」を取り入れることが大事です。

シャドーイング学習のステップは以下の通り。

  1. シーンを3〜5分くらいに細かく分ける
  2. 字幕を見ながら中国語を聞く
  3. 意味がわからない単語を調べる
  4. 字幕を見ながらシャドーイング
  5. 字幕なしでシャドーイング
    (できなかったら④に戻る)
  6. ⑤の繰り返し

かなり実用的なフレーズを学べるはずですよ。

関連記事 楽しみながら中国語を勉強できるおすすめドラマ5選【勉強法も紹介】

中国人と会話

中国語を話せるようになりたいなら、とにかく中国人と話しまくることが大事。

「でもさ、周りに中国人の知り合いなんていないんだけど、、」

大丈夫です。正直、スマホとネットさえあればいくらでも中国人と話せます。

中国人と話したいなら「言語交換」「中国語オンラインスクール」がおすすめですね。

言語交換

言語交換とは、「日本語を学習中の中国人とパートナーになり、お互いに言語を教え合うサービス」のこと。

言語交換のメリットとデメリットは以下の通りですね。

メリット

・無料で会話練習できる

・中国人の友達を作りやすい

デメリット

・学習効率が悪い

・相手と時間を合わせるのが面倒

・理想のパートナーと出会うのに時間がかかる

・出会い目的、投資・宗教勧誘目的の人が紛れ込んでいる

「日本語を勉強している中国人」は「中国語を勉強している日本人」に対して圧倒的に多いです。

「よかったら一緒に会話練習しましょう!」などと積極的にメッセージを送れば、ほんとすぐに相手が見つかりますよ。

有名な言語交換アプリは「Hellotalk」

世界のユーザー数2,500万人以上のNo1言語交換アプリなので、選んでおけば間違いないですよ。

>>Hellotalk公式サイトはこちら

関連記事【勉強法も公開】Hellotalk(ハロートーク)の使い方・特徴を解説!

オンライン中国語スクール

言語交換って結構デメリットあるじゃん!ちょっと嫌だな、、

そんな方は「オンライン中国語スクール」を選ぶべき。

多少お金はかかりますが、指導歴の長いプロの講師から直接中国語を学べるのはでかいですね。

長い目で見ればコスパ最高です。

関連記事【徹底比較】オンライン中国語スクール3社の特徴を分かりやすく解説

「補足」中国語習得コミュニティー

実は、紹介したいサービスがもう一つ。

それは、中国語習得コミュニティ「Babao」です。

「Babao」は簡単に言うと、中国語・中国文化が好きな日本人が集まるコミュニティーサービス。

週に3回のアウトプット会、月に1回のオンラインイベントを通して、口を中国語に慣らすことができますね。

・参考書やアプリなどを使った勉強に飽きてきた人

・中国語を使う機会が全然なくて困っている人

・中国語を学んでいる他の日本人と交流したい人

・楽しく中国語を学びたい人

こんな方にはおすすめですよ。

「Babao」について詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせてどうぞ。

実際にサービスを使用した僕の感想も載ってます。

関連記事【新感覚サービス】中国語習得サロン「Babao」を実際に体験!

まとめ

今回は、中国語を話せるようになるための勉強法を4つ紹介してきました。

大事なことはたった一つ。

中国語を話さない限り、話せるようにはならない

これです。

是非自分の殻を破って、中国人との会話にどんどん挑戦してみてくださいね。

それでは楽しい中国語LIFEを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました