日本人に中国語がおすすめな理由!←10年後の需要はさらに拡大します

中国語コラム

おすすめ>>半年で日常会話レベルの中国語を身につけられる勉強法

最近中国語を勉強している人が増えてるけどさ、中国語なんか勉強して本当に意味あるのかな?中国語がおすすめな理由とかってあるの?

本記事では上記の疑問に答えていきます。

本記事の内容

  1. 日本人が中国語を勉強すべき理由
    (漢字慣れ・学習機会・需要の三つの視点から)

スポンサーリンク

日本人に中国語学習をおすすめする理由

【中国語おすすめ理由1】漢字慣れしている

【中国語おすすめ理由1】漢字慣れしている

世界で最も難しい言語は、「アラビア語、中国語(北京語、広東語)」と言われているんですが、日本人にとっては中国語は比較的勉強しやすいんですよね。

なぜかというと、使われている文字が日本と同じ漢字だからです。

同じ意味の漢字が約1000単語もありますし、漢字からある程度の意味を予測することはできるので、リーディング・ライティングにおいては結構簡単ですよ。

【中国語おすすめ理由2】中国語の学習機会に恵まれている

【中国語おすすめ理由2】中国語の学習機会に恵まれている

日本で中国語を学べる機会は多く、中国語を学びやすいことが二つ目の理由ですね。

中国語スクールが多いのもメリットですが、ここでは別の視点で考えてみます。

実は訪日外国人客と日本に来る留学生の中で最も多いのは、中国なんです。

割合は以下の通り。

  1. 2019年1~7月までの訪日外国人の中で、中国人が約30%を占めている。
  2. 平成30年度の外国人留学者の中で、中国人が約40%を占めている。

というのもあって、大阪や東京などでは、「中日交流イベント」が頻繁に開催されています。

そこで中国人と知り合いになって中国語の勉強をすることができちゃいますよ。

  
でもそれって、都会に限らない?

安心してください。田舎に住んでいる人でも大丈夫です。

「Hello talk」というアプリがあるのですが、このアプリを使えば言語交換を通して、簡単に中国人とチャット・会話することができますよ。

実は「Hello talk」は中国で作られたアプリなので、使用している中国人は非常に多いんですよね

スマホを使うだけで、ネイティブの人と一緒に中国語を勉強できるって最高じゃないですか?

「Hello talk」の使い方については以下の記事で詳しく説明しているので、よかったらどうぞ。

【中国語おすすめ理由3】10年後の需要が今より拡大する

【中国語おすすめ理由3】10年後の需要が今より拡大する

中国語の10年後の需要が今よりも拡大することが三つ目の理由ですね。

  
でもそもそもさ、中国語って英語に比べて需要低くない?

確かに英語の需要は一番高いですね。

ただ、今は英語が話せるのはもう当たり前になってきており、英語の価値はだんだん薄れていっているような気がします。

世界的に見れば、英語は世界の共通語として考えられているので、「英語が話せる=すごい!」とはなりにくいでよね。

ここで次に重要視される言語は、「中国語」

英語の次に話者数が多く、日本国内でも使用する場面は多岐にわたるので、これからの時代、重要性が増していく言語だと思います。

僕が考える需要拡大の背景はこちらです。

  1. 日本で中国人向けのサービスや店がさらに増える
  2. 中国語が話せる日本人が企業で優遇される
  3. 中国の最新技術の情報を取り入れることができる
  4. 中国のSNSへの日本人参入者が増えている

一つずつ解説していきますね。

日本で中国人向けのサービスや店がさらに増える

中国人留学生や中国人観光客が今後も増え続ければ、日本で中国向けのサービスや店は増えていきますよね。

なので中国語を勉強しておくことで、中国人向けのビジネスにも取り組みやすくなるといったメリットもありますよ。

中国語が話せる日本人が企業で優遇される

これまでは英語が話せる日本人が企業で優遇されてきましたが、英語が当たり前の時代になっている今では、中国語のスキルの方が優遇されやすいですね。

(もちろん英語が話せるのは前提条件ですが、)

  
でもさ、日本語を話せる中国人はたくさんいるから、そういう人の方が優遇されるんじゃないの?

確かに日本語を話せる中国人はびっくりするほど多いですよね。

というのも、

  1. 大学で英語よりも日本語を優先的に勉強する人が多い
  2. ほとんどの大学で日本語専攻がある
  3. 日本語能力試験(JLPT)を受ける外国人の中で中国人は一番多い

などの背景があるからです。

ただ、日本の企業で求められる日本語のレベルは高いので、現状では、「中国語が話せる日本人」の方が優遇されるはずですよ。

中国の最新技術情報を取り入れることができる

皆さんも知っているかと思いますが、中国ってダミー品がかなり横行していますよね。

ただ、これは見方を変えると、ダミー品が作れるほどの技術を中国は持っているということになります。

それに、

  • 無人コンビニ
  • 顔認証で支払い可能の店
  • 自動運転(10年後には実用化できるレベル)

などなど、AI技術の実用化は日本よりも先を行っているんですよね。

そしてなんと言っても、中国の清華大学(日本でいうと、東大・京大に当たる)では、多くのスタートアップ企業が参入しており、さらに起業する人を多く輩出しています。

まさに中国のシリコンバレーですね。

このように中国では積極的にイノベーションが創出されているので、もし中国語が分かれば、最新技術の情報などをいち早くキャッチすることができちゃいますよ

中国のSNSへの日本人参入者が増えている

現在僕は、中国の動画プラットフォームやSNSで日本語や日本文化に関する動画を配信しているのですが、日本人参入者がどんどん増えていってるんですよね

ちなみに一般人の他にも、木村拓哉さん、片寄涼太さん、小嶋陽菜さんなどの有名人も続々参入してます。

なので、

  1. 中国のSNSで情報発信する日本人が増える
  2. 独自の商品を売ったり、企業とコラボする日本人が増える
  3. さらに中国市場で挑戦したい日本人が増える

今後このような流れになっていくのではないかと。

つまり、今のうちに中国語を学んでおき、少しずつ中国のSNSなどで情報を発信していくことによって、稼いでいける可能性が高まるってことです。

中国市場への日本人参入者がまだ少ない今はかなりチャンスですよ。

中国語を勉強し始めるなら!

中国語を勉強し始めるなら!

この記事を読んで、「よし!中国語の勉強やってみようかな!」と思った方もいると思いますが、実際にどのようなステップで勉強していけばいいかってイメージしにくいですよね。

以下の記事では、「半年で日常会話レベルの中国語力を身につける方法」について紹介しているので、よかったら参考にしてみてください。

読むのめんどくさい!手っ取り早く中国語が学べる講座とかないの?

そんな方にはこちらの【オンスク.JP】 がおすすめ。

オンスク.jp

講座を通して、発音の練習のコツや文法を基礎から学ぶことができ、いますぐ使える中国語を身に付けられます。月980円で講座を受講し放題、パソコン・スマホどちらからでも視聴可能。「中国語会話講座」の他にも、「HSK2級・3級講座」も受講可能。

今のうちに中国語のスキルを手に入れて、これからの人生をもっと豊かにしていきましょう!

この記事を書いた人
DAIKI

香川県在住。| 京都に住んでいた時、中国人観光客の会話を何回も聞いているうちに中国語に興味が湧き、それ以降中国語の勉強にハマる。| 2019年3月〜中国の動画プラットフォーム「Bilibili」で日本語や日本文化についての動画を中国人に向けて発信開始。| 現在は中国語以外に英語・スペイン語を勉強中。

DAIKIをフォローする
中国語コラム
スポンサーリンク
DAIKIをフォローする
DAIKI LIFE

コメント