単語の暗記が捗るAnkiアプリの使い方【中国語学習の味方】

語学全般

単語帳を使って中国語を覚えているんだけど、いつも時間が経つと忘れてしまう、、 もっと効率よく中国語を覚えられる方法ってないのかな?

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  1. Ankiとは?
  2. Ankiのダウンロード方法
  3. Ankiの基本機能・使い方
  4. Ankiを使ったおすすめ中国語勉強法

中国語を学習している人の中で、「全然単語を覚えられない、、」という方もいるはず。

そんな方におすすめするのが、暗記アプリ「Anki」。

今回の記事では、「Ankiの特徴・主な機能」に加えて「Ankiを使ったおすすめ中国語勉強法」について紹介します。

この記事を参考にすることで、これまで以上に楽に単語を覚えられるようになりますよ。

「補足」

この記事では中国語を例にAnkiの使い方を紹介していますが、英語学習でも同じように使えます。

スポンサーリンク

Ankiとは?

Ankiとは?

Ankiとは一言で言うと、「効率よく単語を覚えられる暗記アプリ」

オリジナル単語帳が作れるアプリとして、今でも多くの言語学習者に愛用されています。

ただ、これだけ聞いても、表現が曖昧すぎてよく分からないと思うので、Ankiの大きな特徴を以下の3つに分けて紹介しますね。

  1. 記憶に残りやすい復習のタイミングを自動で振り分けしてくれる
  2. 音声・写真・リンクなども貼り付けられる
  3. カテゴリー別に分けられる

記憶に残りやすい復習のタイミングを自動で振り分けしてくれる

「Anki」の一番大きな特徴といえば、「復習機能の秀逸さ」

単語の中には、すぐに覚えられる単語もあれば、なかなか覚えられない単語もありますよね。

単語毎に記憶の定着率は異なるので、もし自分で復習のタイミングを決めてしまうと、

・まだ脳に記憶が残っている状態で復習(時間の無駄)

・記憶が完全になくなってしまってから復習

のどちらかになりがち。

これだと効率よく記憶を定着させることは至難の業です。

一方、「Anki」なら単語の理解度に応じて、復習のタイミングを自動で振り分けしてくれますよ。

こんな感じですね。

脳のメカニズムに応じて、適切な復習のタイミングを組んでくれる点は控えめに言って最高。

音声・写真・リンクなども貼り付けられる

「Anki」では、テキストの他に、音声・写真・リンクを貼り付けることも可能。

よくある単語カードだと、「表」に単語、「裏」に意味が書かれているだけのものが多いですが、これだと効率は悪め。

文字だけでなく、

・音声:聴覚からの情報

・写真:イメージしやすい情報

・リンク:その単語にまつわる詳しい情報

を全て組み合わせた方が、より単語を脳に刻み込むことができますよ。

DAIKI
DAIKI

音声入力に対応しているのはほんと便利ですね。

カテゴリー別に分けられる

上記の2点に比べれば、少しパンチは弱いですが、単語をカテゴリー別に分けられるのも便利。

こんな感じでいくらでもフォルダを作成できます。

Ankiのダウンロード・登録方法

Ankiのダウンロード・登録方法

Ankiは以下のデバイスで使用可能。

・Macアプリ:無料

・Windowsアプリ:無料

・iPhone・iPadアプリ:有料(3,060円)

・Androidアプリ:無料

・ブラウザ:無料

なぜかiphone・iPadアプリ版だけ有料です。

「補足」

どうしてもiPhone・iPadで無料で使いたいという方は、「ブラウザ版」がおすすめ。

「Googlechrome」や「Safari」さえあれば無料で使えますよ。

ここでは、「Macアプリ版」と「ブラウザ版」を例にダウンロード・登録方法を簡単に紹介しますね。

Macアプリ版

>>Anki公式サイトはこちら

上記のリンクから「Anki」公式サイトに行き、「Download」をクリック。

ダウンロードしたいデバイスを選択し、青色のボタンをクリック。

すると、パソコン内に「Anki」がダウンロードされます。

パソコン上で「Anki」のアイコンをクリック。

「日本語」を選択。

「Yes」を選択。

これでダウンロードは無事完了です。

ブラウザ版

>>Anki公式サイトはこちら

上記のリンクから「Anki」公式サイトに行き、右上の「AnkiWeb」をクリック。

右上の「Sign up」をクリック。

メールアドレス・パスワードを入力し、左下の「Sign up」をクリック。

一番下のチェックマークにチェックを入れ、「Continue」をクリック。

登録したメールアドレスに送られてくるリンクをクリック。

右上の「Log in」をクリック。

メールアドレス・パスワードを入力し、左下の「Log in」をクリック。

これで無事完了です。

Ankiの基本機能・使い方

Ankiの基本機能・使い方

Ankiの基本機能・使い方を以下の4つに分けて紹介します。

  1. デッキ・暗記カードを追加する
  2. 暗記カードを編集する
  3. 他人が作った暗記カードをダウンロードする
  4. 各種設定する

(※Macアプリ版を例に取り上げます。)

デッキ・暗記カードを追加する

「デッキを作成」をクリック。

デッキ名を入力し、「OK」を選択。

作成されたデッキ名をクリック。

「おめでとうございます!」と表示されますが、それは無視して上のメニューから「追加」をクリック。

このように「Front」に中国語、「Back」に日本語訳を入力し、「追加」をクリックすればOK。

音声を入れたい場合

音声を入力するには、「アドオン機能(標準機能を拡張変更できるもの)」をダウンロードする必要があります。

Ankiアプリを開いたまま、Macメニューバー内にある「ツール」をクリックし、「アドオン」を選択。

「新たにアドオンを取得」をクリックし、コード欄に「814349176」と入力。OKをクリック。

追加できたら、Ankiを再起動します。

すると、暗記カード作成欄の右上に「スピーカー」のマークが追加されているはず。

中国語の右をクリックした状態で、スピーカーマークをクリック。

「Generate using」:「OS X Speech Synthesis」

「Voice」:「Ting-Ting(zh-CN)」

を選択し、右下の「Record」をクリック。

これで音声入力は完了です。

ちなみに僕は、音声の後に続いて「ピンインと声調」を書いていますよ。

最後に「追加」ボタンをクリックすればOK。

写真を入れたい場合

画像を入れたい場合は、「Back」を選択した状態で、クリップマークをクリック。

あとは画像を選択するだけでOK。

暗記カードを編集する

暗記カードの編集は、メニュー「検索」から可能。

赤枠で囲った部分の中から編集したい単語をクリックすると編集できます。

登録している単語数が多い場合は、上の検索欄に編集したい単語を入力すればすぐに見つけられます。

また、「プレビュー」からは、カードがどのように表示されるかが確認可能。

他人が作った暗記カードをダウンロードする

「Anki」では他人が作った暗記カードをダウンロードすることも可能。

自分で作成する手間が省けるので、手っ取り早く単語を暗記したい人にはもってこいですね。

「補足」

ほとんどの暗記カードは「英語・中国語」で書かれているものばかりなので、英語が分からない方はちょっと厳しめです、、

メニュー下の「共有デッキをダウンロード」をクリック。

「Chinese」をクリック。

個人的におすすめなのは、「HSK1-6 Exclusively New Vocabulary」と「Chinese Grammar HSK1 – HSK6」の2つ。

ダウンロードしたい場合は、「Download」ボタンをクリック。

ダウンロードされたファイルをクリックすれば、自動でデッキが追加されますよ。

各種設定する

暗記カードに関する設定を行いたい場合は、対象のデッキを選択し、下の「オプション」をクリック。

設定項目は色々ありますが、主に以下の7ヶ所のみをいじればOKかと。

・「新規カード」順番

・「新規カード」一日あたりの新規カード出題枚数の上限

・「新規カード」簡単と回答してから復習開始までの間隔

・「復習」一日あたりの復習カード出題枚数の上限

・「忘却」無駄カードと判定する忘却回数

・「一般」解答時間の最大値

・「一般」解答タイマーを表示するか否か

設定に関してはこれといった正解はないので、色々数値を変えながら試してみてくださいね。

DAIKI
DAIKI

僕は設定自体がめんどくさいので、デフォルトのまま使ってます。全然問題なく使えてますよ。

注意点

「オプショングループ」が「Default」のまま設定を変更すると、全てのデッキに適用されてしまいます。

個別のデッキの設定のみを変更したい場合は、オプショングループ横の「管理」から「追加」を選択し、デッキ名を入力してOKをクリックしてくださいね。

Ankiを使ったおすすめ中国語勉強法

Ankiを使ったおすすめ中国語勉強法

初心者のうちは、市販の単語帳・アプリに載っている単語をそのままAnkiに書き写す方法でもいいですが、中級者以上は、以下の方法の方がおすすめ。

・中国ドラマ・映画で出てきた単語・フレーズ→Ankiで記憶

・中国人との会話で出てきた単語・フレーズ→Ankiで記憶

なぜかというと、より日常会話に特化した単語・フレーズを覚えられるから。

また、単語とストーリーを結びつけて記憶できるのもメリットの一つですね。

例えば、

「蛋糕(ケーキ)」という単語は、中国人の友達と好きな食べ物の話をしてた時に出てきた単語だな、、

「要不一块儿吃个饭。(一緒にご飯食べない?)」という単語は、ドラマ「我的前半生」である女性が使ってた言葉だな、、

こんな感じですね。

記憶の定着率が大幅に変わってくるので、是非お試しあれ。

関連記事楽しみながら中国語を勉強できるおすすめドラマ5選【勉強法も紹介】

そうはいっても、周りに話せる中国人なんていないんだけど、、

そんな方におすすめなのは、無料で言語交換パートナーを作れるアプリ「Hellotalk」

日本語を学習している中国人は想像以上に多いので、すぐにパートナーを作れますね。

DAIKI
DAIKI

実際に僕も「Hellotalk」で出会った中国人と毎週のように電話しています。会話が弾んで毎回楽しいですよ。

>>Hellotalk公式サイトはこちら

関連記事ハロートークとは?使用歴2年半の僕がデメリット・メリットを解説!

まとめ

今回は、「Ankiの特徴と主な機能」「Ankiを使ったおすすめ中国語勉強法」を紹介してきました。

「Anki」は冗談抜きで神アプリ。「Anki」なしでは単語は覚えられないといっても過言ではありませんね。

適切な復習のタイミングを自動で組んでくれるAnkiを使って、どんどん語彙力を高めていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました