【欲張り注意】オンライン英会話の掛け持ちはあり?【基本的にはなし】

オンライン英会話

早く英語を話せるようになりたいから、オンライン英会話を掛け持ちしようと思ってる。 あらかじめ、掛け持ちのデメリット・メリットについて知っておきたいな〜。

こんな方におすすめの記事です。

本記事の内容
  1. 【はじめに】オンライン英会話の掛け持ちは基本的におすすめしません
  2. オンライン英会話を掛け持ちするメリット
  3. オンライン英会話を掛け持ちするデメリット

「オンライン英会話を掛け持ちすれば、倍速で英語力が伸びるんじゃない?」と思っているあなた。

その気持ちはすごくわかります。僕もそう思った時があったので。

ただ、基本的にオンライン英会話の掛け持ちはおすすめしません。

この記事では、オンライン英会話を掛け持ちするメリット・デメリットについて紹介します。

「お金をかけた割に、全然効果がなかった、、、」と後悔したくない方は是非記事をご覧ください。

スポンサーリンク

【はじめに】オンライン英会話の掛け持ちは基本的におすすめしません

【はじめに】オンライン英会話の掛け持ちは基本的におすすめしません

これからオンライン英会話を始める方に、掛け持ちはおすすめできません。

というのも、一番の理由は

途中で挫折する可能性が高くなる

から。

張り切りすぎるがあまり、それが裏目に出て結局英会話を辞めてしまう、、という人は多いです。

ただ一方で、

・短期(1〜3ヶ月)の間、集中してレッスンを受けまくりたい

・ビジネス英会話用、日常英会話用で使い分けたい

こんな方なら掛け持ちは効果的。

とにもかくにも、始めのうちは、無理しない程度に小さく始めるのがベターですね。

オンライン英会話を掛け持ちするメリット

オンライン英会話を掛け持ちするメリット

オンライン英会話を掛け持ちするメリットは以下の通り。

  1. 各スクールの長所を良いとこ取りできる
  2. 多くのレッスンを受けられる
  3. 自分と馬の合う講師を見つけやすくなる

一つずつ解説しますね。

各スクールの長所を良いとこ取りできる

どんなスクールにも、他社にはない強み・特徴があります。

その長所をうまく組み合わせれば、効率よく英語力を伸ばすことが可能。

ビジネス英会話×日常英会話

「Bizmates」×「レアジョブ」

ビジネス英会話×カランメソッド

「Bizmates」×「QQEnglish」

グループレッスン×マンツーマン

「EFイングリッシュライブ」×「DMM英会話」

例えばこんな感じですね。

逆に、同じような特徴のオンライン英会話を掛け持ちするのはあまり意味がないのでご注意を。
例)両社とも、フィリピン人講師のみが在籍するオンライン英会話

多くのレッスンを受けられる

掛け持ちすることで、1日に受けられるレッスン数を増やせます。

が、実は「ネイティブキャンプ」では、月6,480円で365日24時間レッスン受け放題。

回数を気にする必要もないですし、価格も破格なので、わざわざ掛け持ちする必要はないですね。

関連記事ネイティブキャンプはひどい?1ヶ月受けて感じたデメリット・メリット

自分と馬の合う講師を見つけやすくなる

掛け持ちによって、選べる講師の数は増えます。

ということは、それだけ自分と性格・趣味の合う講師に当たる確率は上がりますね。

ちなみに、三大オンライン英会話(レアジョブ・ネイティブキャンプ・DMM英会話)の講師数は以下の通り。

・レアジョブ:5,000人以上

・ネイティブキャンプ:9,000人以上

・DMM英会話:10,000人以上

数だけ見ると、「え?1社だけでも十分じゃない?」と思いがちですが、盲点が一つ。

それは、「人気講師の予約は取りづらい」という点です。

自分と馬の合う講師を見つけたからといって、その講師のレッスンを受け続けられるわけではないのでご注意を。

オンライン英会話を掛け持ちするデメリット

オンライン英会話を掛け持ちするデメリット

オンライン英会話を掛け持ちするデメリットは以下の通り。

  1. 費用がかさむ
  2. 成果が出る前に燃え尽きてしまう
  3. 予習・復習に使える時間が減る
  4. 講師の質は正直似たり寄ったり

一つずつ見ていきましょう。

費用がかさむ

2社以上と契約するとなると、費用がかさみます。

組み合わせにもよりますが、大体は10,000円以上かかりますね。

出来るだけ出費を抑えたい方にはおすすめしません。

おすすめの組み合わせ

もし組み合わせるとしたら、

・italki:1レッスンから受講可能。料金は受けた分だけ

・QQEnglish:月8回プラン(4,053円)

この2社がおすすめ。

italkiは、非ネイティブ・ネイティブを含む世界中の講師から選択でき、さらに1レッスンから受講可能。

月8回だと少し物足りない時にだけ受ければ、価格も抑えられますね。

関連記事italki(アイトーキ)とは?主な特徴と使い方を徹底解説

関連記事【暴露】QQEnglishの評判は?実際に無料体験を受けてみた感想

成果が出る前に燃え尽きてしまう

初めから勢い余って2〜3社掛け持ちしてしまうと、高い確率で挫折します。

1日1回ペース(25分)ならどうにかやり切れますが、1日に2〜3レッスンとなるとかなりハード。

あ〜。今日仕事で疲れたけど、50分のレッスン受けなきゃ、、はぁ〜。

こういう未来が待ってますよ。

初めは複数のサービスを使い分けるよりも、一つのサービスを使いこなす方がベター。

予習・復習に使える時間が減る

英会話レッスンを受けたからといって、必ずしも英語を話せるようになるわけではありません。

レッスンの効果を発揮させるには、「予習→レッスン→復習」のサイクルが必須。

ただ、オンライン英会話を掛け持ちすると、「予習・復習」に全く手がつかなくなる可能性も。

慣れるまでは、1社に絞った方がいいですね。

講師の質は正直似たり寄ったり

ぶっちゃけて言うと、講師の質に関してはどのオンライン英会話も似たり寄ったり。

教え方が上手い講師もいれば、舐めてる態度、いい加減な講師も混じってます。

なので、質のいい講師を求めて掛け持ちするのはあまり意味ないかと。

オンライン英会話の掛け持ちはあり?:まとめ

結論、これからオンライン英会話を始める方に掛け持ちはおすすめしません。

ただ、

・短期(1〜3ヶ月)の間、集中してレッスンを受けまくりたい

・目的に応じて使い分けたい(ビジネス英会話 & 日常英会話)

とかであればOK。

初めは1社に絞って、無理のないペースでレッスンを受けていきましょう。

ほとんどのオンライン英会話では無料体験が受けられるので、色々受けて自分に合うスクールを探すのもいいですね。

以下の記事では、人気オンライン英会話4社を徹底比較しているので、良ければあわせてどうぞ。

関連記事【辛口比較】人気オンライン英会話4社を9つの観点から徹底比較

コメント

タイトルとURLをコピーしました