産経オンライン英会話の特徴や評判は?【Plusとの違いも解説】

オンライン英会話

・産経オンライン英会話のメリット・デメリットについて知りたい。

 

・産経オンライン英会話の評判について知りたい。

 

・産経オンライン英会話Plusとの違いを教えてほしい。

こんな方におすすめの記事です。

本記事の内容
  1. 産経オンライン英会話の大きな特徴(メリット)
  2. 産経オンライン英会話の気になる点(デメリット)
  3. 産経オンライン英会話Plusとは?
  4. 産経オンライン英会話の料金
  5. 産経オンライン英会話の評判・レビュー

数あるオンライン英会話の中でも、今回ご紹介するのが「産経オンライン英会話」。

特徴や気になる点に加えて、実際に産経オンライン英会話を使って英語学習している方の評判・レビューも合わせて紹介します。

オンライン英会話選びのために、産経オンライン英会話の情報を集めておきたい方は是非記事をご覧ください。

スポンサーリンク

産経オンライン英会話の大きな特徴(メリット)

産経オンライン英会話の大きな特徴(メリット)

産経オンライン英会話の大きな特徴は以下の3つ。

  1. レッスン料金が安い・教材が豊富
  2. AIを使った発音自習サービスが使い放題
  3. 通常レッスン以外のオプションサービスが豊富

レッスン料金が安い・教材が豊富

産経オンライン英会話の一番代表的なプラン(1日1回プラン / 1回25分)の料金は月6,090円(税込)

これは他のオンライン英会話と比べてもかなり低価格です。

1日に2〜3回くらいレッスンを受けたい人にとっては、レッスン受け放題プランのある「ネイティブキャンプ 」や「ベストティーチャー」の方が安いですが、1日1回ペースがちょうどいい人にとっては「産経オンライン英会話」は最適ですね。

また、ただ料金が安いだけでなく、教材は目的に応じて「日常英会話」「ビジネス」「TOEIC」「ニュース」「フリートーク」などといった豊富な種類から自由に選べるのも嬉しいポイント。

さらに、主要教材にはネイティブスピーカーの音声付きなので、予習・復習にも活用できますよ。

AIを使った発音自習サービスが使い放題

産経オンライン英会話では、レッスン外での発音学習に役立つアプリ「Aispeak」が無料で使い放題。

・発音テスト

・シャドーイング

・ディクテーション

の3つのコースがあるので、発音やリスニング力を鍛えたい方にはオススメのアプリですね。

ちなみに、「発音テスト」「シャドーイング」では、スピード、リズム、ピッチ、音の出し方といった様々な観点から、発音の正確性を表示してくれます。

「Aispeakで発音・リスニング学習 → レッスンで学んだことをアウトプット」すれば、より効率よく英語力を伸ばせるはず。

通常レッスン以外のオプションサービスが豊富

通常レッスン以外に色々用意されている「オプションサービス」も魅力的なポイント。

例えば以下のようなオプションサービスですね。

 コーチング型短期集中プログラム

「ライトプラン」

簡単な会話はできる方や、正しい英語の勉強の仕方を学びたい方向け。

期間:2ヶ月
料金:82,500円(税込)

「スタンダードプラン」

TOEIC400点以下の英語初心者や、英語学習にブランクがある方向け。

期間:3ヶ月
料金:107,800円(税込)

自身に合った学習プランを作成してくれたり、進捗チェックカウンセリングを受けられたりと色々メリットがあります。

英語の勉強がいつも続かない、モチベーションがすぐに下がってしまうといった方に特にオススメですね。

 日本人コンサルタントによるサポート

1コマ / 25分  3,300円(税込)

・外国人講師にはどうしても聞けない質問がある、、

・英語学習に関する悩みを相談したい、、

・自分に合った教材を選んで欲しい、、

という方にオススメのサポート。

日本人ということもあり、第2外国語として英語を身につけることの大変さを理解してくれるので、気軽に質問しやすいですね。

 メールライティング講座

1コース:38,500円(税込)

仕事中にどうしても英語でメールを書かないといけない、、でもライティングは苦手、」という方向けの講座。

「3ヶ月間のEラーニング講座」+「ビジネス英語のプロフェッショナル&ネイティブ講師による添削」がついているので、しっかりと基礎からメールの書き方を学べます。

このように自分の目的に合わせて、別途サービスを選べるのは嬉しい点ですね。

産経オンライン英会話の気になる点(デメリット)

産経オンライン英会話の気になる点(デメリット)

産経オンライン英会話の気になる点は以下の2つ。

  1. 同時予約ができない
  2. ネイティブ講師・日本人講師の料金が高い

同時予約ができない

オンライン英会話でレッスンを受けるにあたって、予約のしやすさは大切な要素。

ただ、産経オンライン英会話では、1日1レッスンプランの場合、レッスンの同時予約が全くできないんですよね。

なので、

「今日のレッスン以外にも、明日以降のレッスンを先に予約しておこうかな。1日ごとに予約するのってめんどくさいからね〜。」

と思ってしまう方にはかなりの悲報です。

他のオンライン英会話の場合、一度に複数の予約ができるところや、予約なしですぐにレッスンを受講できるところもあるので、その点、産経オンライン英会話は少し不便。

※産経オンライン英会話Plusの「カスタマイズプラン」を選択すれば、自身で同時予約数を設定することが可能です。
なお、「カスタマイズプラン」は現在準備中。

ネイティブ講師・日本人講師の料金が高い

産経オンライン英会話では、2020年8月3日に新プランがリリースされ、フィリピン人講師以外に、ネイティブ講師・日本人講師も選択できるようになりました。

・月に1回程度、英語の発音矯正などの目的で、ネイティブ講師の授業を受けたい

・月に1回程度、英語学習に関する悩みを日本人講師に相談したい

という方にとっては良いプラン。

ここで、「なんで月に1回程度?」と思われた方もいると思いますが、実は、ネイティブ・日本人講師のレッスン料金はフィリピン人講師の15倍

もし毎日レッスンを受けるとなると、とんでもない価格になりますよね。

なので、毎日ネイティブ講師もしくは日本人講師のレッスンを受けたいという方は、料金がより安い「エイゴックス」「DMM英会話」の方が断然おすすめですよ。

産経オンライン英会話Plusとは?

産経オンライン英会話Plusとは?

2020年8月3日にリリースされた新プラン「産経オンライン英会話Plus」

ここでは、従来の「産経オンライン英会話」と比べて異なる点について紹介しますね。

 レッスンプラン

「産経オンライン英会話」:1日1・2レッスン制

「産経オンライン英会話Plus」:コイン制。その月に使いきれなかったコインは翌月に繰り越し可能。カスタマイズプランを選べば、1日の受講回数を自由に選択可。

※カスタマイズプランは現在準備中

現在はまだ準備中のカスタマイズプランでは、同時予約数や1日の受講回数・月の受講回数などを自由に決められます。

従来の「産経オンライン英会話」では、これら全てに制限があるので、痒いところに手が届かないという状態。

なので、自分の学習プラン・ライフスタイルに合わせてレッスンをカスタマイズしたい人にはおすすめですね。

 選べる講師

「産経オンライン英会話」:フィリピン人講師のみ

「産経オンライン英会話Plus」:フィリピン人・ネイティブ・日本人講師

 レッスン環境(使用ツール)

「産経オンライン英会話」:Skypeのみ

「産経オンライン英会話Plus」:Skype・独自のレッスンルームから選択可

Skypeでレッスンを受けるとなると、その都度Skypeの画面と教材を切り替える必要があるので結構面倒。

ただ、独自のレッスンルームなら、「講師の顔」「教材」「チャットボックス」を一度に見られるので、スムーズにレッスンを受けられますよ。

 サブアカウント制度

「産経オンライン英会話」:なし

「産経オンライン英会話Plus」:あり

産経オンライン英会話Plusにはサブアカウント制度があるので、例えば、親子でコインを分け合うことができます。

別々にコインを購入する必要がないので、無駄なくコインを消費することが出来ますね。

産経オンライン英会話の料金

産経オンライン英会話の料金

「産経オンライン英会話」と「産経オンライン英会話Plus」の料金はそれぞれ以下の通りです。

 産経オンライン英会話

毎日25分プラン (1日1レッスン)月6,090円
毎日50分プラン(1日2レッスン)月9,981円
週末毎日50分プラン
(金・土・日のみ1日2レッスン受講可)
月6,090円

※講師はフィリピン人のみ

 産経オンライン英会話Plus

プラン620
(620コイン / 最大1日1レッスン)
月6,380円
プラン1,240
(1,240コイン / 最大1日2レッスン)
月12,100円
お試しプラン
(100コイン / 最大5レッスン)
月2,640円

※講師はフィリピン人・ネイティブ・日本人から選択可 / コイン制

全て税込価格

※本情報は2020年8月現在の内容です。十分な注意を払って整理しておりますが、内容の正確性を保証するものではありません。料金が変更される場合もあるのでご了承ください。ご利用前は必ずご自身で該当のオンライン英会話公式サイトを確認してください。

【1レッスンに必要なコイン数】

フィリピン人講師:20コイン 

ネイティブ・日本人講師:300コイン 

Plusの方が若干料金が高いですね。

とはいえ、

・コインの消費期限は2か月なので、翌月までコインを引き継げる

・場合に応じて、ネイティブ・日本人講師のレッスンを受けられる

といったメリットがあるので、個人的にはPlusの方がおすすめ。

他社の料金と比較したい方は、「料金が安いおすすめオンライン英会話ランキング【20社を徹底調査】」の記事も合わせてどうぞ。

産経オンライン英会話の評判・レビュー

産経オンライン英会話の評判・レビュー

実際に産経オンライン英会話を使ったことのある方の評判・レビューをまとめます。

 良い点

講師が柔軟に対応してくれる意味が分からない単語で全く答えられなくても答えらえれるように工夫してくれてとても安心感がある。
(みんなの英語ひろば)

・教材として、様々な英文記事が用意されている。

・選択できる講師が少ないため、どの講師にするか悩む必要がない

・フィリピンの地方都市に住んでいる講師が多く、純朴で優しい講師も多い
(みんなの英語ひろば)

とてもリーズナブルなオンライン英会話があると友人から教えて貰ったのが、産経オンライン英会話でした。まずは無料体験を2回させていただきました。2回とも同じ男性の講師だったのですが、その講師は日本語が少し話せるので、困った時は日本語で教えてくれて助かりました。体験でも教材に基づきレッスンが受けることができたので、とても分かり易かったです。初めてなので不安だったのですが、楽しい時間を過ごすことは何とかできました。続けると発音はかなり良くなると思います。
(English hub)

 気になる点

その時の講師(先生)がおられる環境によって音声品質は変わります。そして講師のレベルもまちまちです。自分たちと同じように相手も人間ですから、得手不得手があり、全てに万能であるわけがない。そう考えればいいと思う。わざわざ相手の悪い点ばかり気にしてるエネルギーが無駄。
(みんなの英語ひろば)

先生の英語力に不安。体験で当たった先生は、ある単語を全く逆の意味で理解されていて、驚いた。予約が沢山入っているような先生だったので、質の面ではイマイチという印象を持った。スクールは、体験時の先生で印象が決まる。
(みんなの英語ひろば)

教材が充実していて、事前に内容を確認できる点は、便利です。先生もフレンドリーな方が多い印象。先生によって、多少、質の差はありますが、全体的に教え方が上手い方だと思います。ただ、レッスン時間になってもSkypeで先生と繋がらないことが何度かあり、問い合わせフォームから連絡したものの翌日になっても回答来ず…。その点は、改善してほしいと思いました。
(本気の英会話)

 Twitterでの口コミ

まとめ

今回は、産経オンライン英会話の大きな特徴や評判について紹介しました。

まとめると、産経オンライン英会話に向いている人は、

・レッスン費用を出来るだけ抑えたい

・教材を用いて予習・復習をしっかりしたい

・平日は仕事で忙しいから週末だけレッスンを受けたい

産経オンライン英会話Plusに向いている人は、

・自分のペースでレッスンを受けたい

・家族でレッスンをシェアしたい

・Skype等のアプリを用意するのがめんどくさい

・正しい英語の発音を身につけたい

・英語が苦手だから日本人講師に教えてほしい

こんな方ですね。

是非「産経オンライン英会話」だけでなく、他社スクールとも比較して自分にベストなオンライン英会話を見つけてみてくださいね。

以下の項目では、オンライン英会話選びに役立つ記事をまとめてますので、合わせてどうぞ

それでは楽しい英語LIFEを!

 条件別にオンライン英会話を探す

 各オンライン英会話の詳細を見る

この記事を書いた人

英語・中国語の学習に役立つ情報や中国市場の情報について発信しています。
【略歴】
・京都に住んでいた時、中国人観光客の会話を何回も聞いているうちに中国語に興味が湧き、それ以降中国語の勉強にハマる。
・2019年3月〜中国の動画プラットフォーム「bilibili」で日本語や日本文化についての動画を中国人に向けて発信開始。
・現在は外国人に日本語を教えつつ、英語・中国語習得中。

DAIKIをフォローする
オンライン英会話
スポンサーリンク
DAIKIをフォローする
DAIKI LIFE

コメント