英語が話せなくて悔しい!【話せるようになる具体的な5つの方法】

英語コラム

くそ!毎日必死こいて英語勉強してるのに、全然話せるようにならない。悔しい、、 英語を話せるようになる具体的な方法を教えて欲しい。

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  1. 英語を話せるようにならない4つの理由
  2. 英語を話せない人がやるべき5つのこと

記事の信頼性

この記事を書いている僕は、英語・中国語独学歴2年ほど。(学生の頃は本当に英語が苦手でした、、)

インスタグラムでは、毎日英語・中国語日記を発信してます。

「言いたいこと(英語)がなかなか口から出てこない、、」

こんなに辛いことはないですよね。

今回の記事では、英語を話せるようにならない理由と、それを解決する具体的な方法を5つ紹介します。

この記事を読むことで、今自分が何に取り組むべきなのかが分かりますよ。

スポンサーリンク

英語を話せるようにならない4つの理由

英語を話せるようにならない4つの理由

英語を話せるようにならない理由は以下の4つ。

  1. 英語の基礎力が欠落している
  2. 「日本語」→「英語」に直す練習が足りない
  3. 英語を使う機会が少ない
  4. 過度にミスを恐れてしまう【完璧主義】

一つずつ解説します。

英語の基礎力が欠落している

基礎英単語・英文法・フレーズが身に付いていないと、英語を話すのは至難の業。

ただこう聞いて、

え?でも俺毎日必死こいて覚えてるんだけど、、

こう思った方も多いはずです。

一つだけ質問させてください。

あなたが今覚えている英単語・文法は、日常生活でほとんど使わないものばかりじゃないですか?

もしこの質問に「Yes」と答えた方は要注意。

難しい表現などはインプットされているかもですが、基礎の知識が疎かになっている可能性があります。

意外と、

・中学1〜3年生で習う英単語

・英語の5文型

・会話でよく使うフレーズ

って定着してない人が多いんですよね。

なので、まずはこの「英語の基礎力が欠落していないかどうか」を確認する必要がありますよ。

「日本語」→「英語」に直す練習が足りない

日本人の多くは、「日本語」を即座に「英語」に変換する練習をほとんどやってきてません。

実は、英語を話せるようになりたい英語初心者にとって、この練習は最も重要。

よく、

・いちいち「日本語→英語」に直してたら会話についていけない

・英語は英語のまま考えるべきだ

という意見もありますが、正直初心者にとってこれはほぼ不可能ですね。

というのも、英語を話せるようになった海外留学経験者ですら、最初は「日本語」→「英語」に変換する繰り返し。

いきなり日本語を経由せずに、「英語」で考え、話すなんて無理な話です。

会話の基礎力を鍛えるには瞬間英作文の練習が必須ですよ。

英語を使う機会が少ない

日本ではほとんど英語を使う機会がありません。

というのも、別に英語を話せなくても普通に仕事もできるし生活にも困らないから。

では、もしあなたが今、このような状況下にいるとしたらどうでしょうか?

・ある日突然、異国の地に転勤することになった

・その国では話されている言語は「英語」。日本語は一切通じない

・英語が話せないとマジで生きていけない。仕事もろくにできない

死に物狂いで勉強しますよね。

日々の生活の中で、直接英語を使うチャンスがほとんどないのは、日本人が英語を話せるようにならない大きな理由の一つですね。

過度にミスを恐れてしまう【完璧主義】

日本人は英語を話す際に、過度にミスを恐れがちです。

これはおそらく学校教育が一つの原因なのかなと。

中・高の英語のテストって、絶対に正しい答えが存在しますよね。

合ってたら「◯」、間違ってたら「×」。もちろん「×」を取るとテストの点数は下がります。

これこそ、私たち日本人に、「英語は間違ったらいけない!」という意識を植え付けている正体であると僕は考えてますね。

正直、英語は完璧に話す必要はありません。

完璧主義になろうとすればするほど、英語を話せなくなってしまうので。

大事なのは、「相手とコミュニケーションを取ること。」

ミスを恐れずに積極的に英語を話すことは大事なポイントですね。

英語を話せない人がやるべき5つのこと

英語を話せない人がやるべき5つのこと

英語を話せない人がやるべきことは以下の5つ。

  1. 目標を設定しよう
  2. 瞬間英作文の練習を繰り返し行おう
  3. シャドーイングで英語4技能を鍛えよう
  4. 独り言で英語を言ってみよう
  5. 実際に外国人と話そう

一つずつ見ていきましょう。

目標を設定しよう

何のために英語を話せるようになりたいのかを明確に!

英語学習の目標をまだ決めていない人は、これを機に設定しておきましょう。

というのも、英語を話せるようになりたい理由が曖昧だと、100%途中で挫折するので。

例えると、ゴールのないマラソン大会でひたすら走り続けている状態。

もう絶望ですよね。

なので、

・コロナ終息後に海外に留学に行く予定。現地での生活に困らない程度の会話力を身につけておきたい。

・外国人の彼女(彼氏)を作りたい。英語でコミュニケーションを取りたい。

・youtubeで世界中の人に英語で日本の文化や習慣を紹介したい。

こんな感じで目標設定することをおすすめしますよ。

瞬間英作文の練習を繰り返し行おう

瞬間英作文の練習を通して、「分かる」から「使える」へ!

うまく英語が口から出てこない人の多くは、「中学生レベルの文型・単語」を使いこなせていません。

「理解はしているけど、実戦で使えない」状態ですね。

「分かる→話せる」へと昇華させるには、とにかく瞬間英作文をやりまくる必要があります。
(日本語を見て、間髪入れずに英語に直す練習)

瞬間英作文の練習には以下の教材が役に立ちますよ。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

中学レベルの単語のみを使った例文を通して、瞬間英作文トレーニングできる良書。

例文は文型ごとに分かれているので、取り組みやすい。

例文は見れば誰でも理解できるレベルなんですけど、案外日本語から英語に直すのが難しいんですよね。

マジでびっくりしますよ。自分の英語力の低さに。

ちなみにアプリ版もあります。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

¥1,220posted withアプリーチ

シャドーイングで英語4技能を鍛えよう

英語4技能を一人で鍛えるなら「シャドーイング」がおすすめ!

瞬間英作文の練習だけだと、ある一定の基礎単語・フレーズしか身につきません。

それだけで、相手とコミュニケーションを取るのは正直難しいです。

そこで瞬間英作文の学習が終わった方は、次に「シャドーイング学習」にチャレンジすることをおすすめしますね。

シャドーイングには主に以下のメリットがありますよ。

・リスニング力だけでなく、スピーキング・リーディング・ライティング力まで爆発的に伸びる

・表現の幅が広がる(スラングも学べる)

・ネイティブ独特のリズム・イントネーションを身につけやすい

教材は、youtubeや洋画の中から好きなものを一つ選べばOK。

ただ、必ず「字幕付き」のコンテンツを選んでくださいね。

独り言で英語を言ってみよう

会話の模擬練習。一人でもできる「ひとりごと練習」!

ひとりごと練習は、会話力UPに役立ちます。

「外国人と話すのはまだ怖い、、でも会話力は身につけたい」という方におすすめの方法。

やり方は簡単で、日常生活の中で自分が思ったことや体験したことをその都度英語で口に出します。
(あまりにも大きい声でやると変な人だと思われるので注意してくださいね。)

その際に英語が出てこない場合は、日本語でメモしておきます。

こんな感じ。

家に帰った時にまとめて英語に直すことで、新しい語彙をゲットできますよ。

実際に外国人と話そう

英語を話せるようになりたいならとにかく外国人と話そう!

ここまで色々書いてきましたが、正直これに尽きますね。

当たり前ですが、英語を話さない限り話せるようにはなりません。

英語を話す手段としては、「言語交換」「オンライン英会話」「英会話教室」などがありますが、一番コスパがいいのは「オンライン英会話」ですね。

お財布に優しい料金設定(月6,500円〜)ですし、何より毎日レッスン受講可能なので、アウトプットしまくりたい方にはもってこい。

「外国人と話すのは恥ずかしい、、」という人も多いと思いますが、ここはもう勇気を振り絞りましょう。

・恥をかかないものの、一生英語を話せるようにならない

・恥はかくけど、英語を話せるようになる

どっちの方がいいですか?

厳選済みのおすすめオンライン英会話を3社まとめておきます。

DMM英会話:月6,480円~(非ネイティブ講師のみでなく、ネイティブ・日本人講師も選択可。英語学習アプリ「iKnow」が使い放題)

ネイティブキャンプ :月6,480円〜(365日24時間レッスン受け放題。予約不要。ネイティブ講師も在籍。)

QQ English :月4,054円〜(フィリピン人講師のみ。自分のライフスタイルに合わせて選べるプランが便利(月8,16,30回プラン)

無料体験レッスンも受けられるので、気軽にお試しあれ。

まとめ

今回は、「英語を話せるようにならない理由」と「英語を話せない人がやるべきこと」の2点を紹介しました。

一番大事なのは、「とにかく英語を実践の場で使いまくること」。

インプット中心の学習から、アウトプット中心の学習にぜひ切り替えてみてくださいね。

あなたのスピーキング力は驚くほどに飛躍するはず。

それでは楽しい英語LIFEを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました