【実例あり】英語日記の書き方・手順紹介【メリットも解説】

楽しく英語学習

英語の表現力をもっと高めたいから、英語日記を書こうかと思ってるんだけど、どのように書けばいいのか分からない、、書き方とかコツとかについて知りたいなぁ〜。

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  1. 英語日記の書き方・手順【実例紹介】
  2. 英語日記を書くことで得られるメリット
  3. 英語日記を書く・長く続けるコツ
  4. 参考になる英語日記アカウント

記事の信頼性

この記事を書いている僕は、現在世界中の外国人に日本語を教えつつ、英語・中国語を習得中。現在インスタグラムで「英語日記」を書いています

「英語日記を書いてもっと自分の英語力を伸ばしたい!」と思っている方も多いのではないでしょうか?

ということで、今回の記事では、英語日記の書き方・手順に加えて、メリット・継続させるコツについて紹介します

参考になる英語日記アカウントも載せていますので、英語日記をこれから始めようと思っている方は是非記事をご覧ください。

スポンサーリンク

英語日記の書き方・手順【実例紹介】

英語日記の書き方・手順【実例紹介】

ここでは、僕が実際書いている英語日記を例に挙げながら、英語日記の書き方・手順について紹介します。

日記の書き方には色々あるかと思いますので、あくまでも参考程度に見てくださいね。

日本語で日記を書く

まずは、今日の出来事や自分の考えを日本語で4〜5文くらいにまとめます。

時間は大体10分くらい。

いきなりまとめるのが苦手な方は、思いついたことをザーっと書いてからコンパクトにまとめていくやり方がおすすめ。

僕の場合は、「字が汚い」「アプリ上にデータを残しておきたい」「SNSで発信したい」という理由で、アプリに日記を書き込んでいます。

ちなみに、アプリ【Evernote】なら、スマホ・パソコン問わずどの機種でも同期可能なのでかなり便利ですよ。

日本語を英語に直す

日本語で日記が書けたら、次は文章を英語に直していきます。

時間は20分くらい。

・まずは自分の知っている単語・文法を使って自力で書く

・自信のない部分を翻訳・辞書アプリを使って直す

といった順番ですね。

というのも、いきなり翻訳・辞書アプリに頼ってしまうと、自分で考える癖が身につかないので。

ちなみに、僕はよく「DMM英会話なんてuKnow?」というサイトを使っています。

辞書には載っていないネイティブ表現を色々調べられるのでおすすめですよ。

添削してもらう

英語に直せたら、「英語添削サービス」を使って、自分の書いた文章を訂正してもらいます。

「英語添削サービス」は以下の4種類がおすすめ。

オンライン英会話

一番おすすめなのは、オンライン英会話。

オンライン英会話といえば、英会話の練習をするためだけのサービスと思われがちですが、実は添削にももってこい。

レッスンが始まって、講師に「今日は日記の添削をしてもらいたいです。」と言えば、快く添削してもらえることが多いです。

しかも、添削してもらった後に、その文章をもとに発音・会話練習もできるので一石二鳥ですよ。

おすすめなのは、以下の2社。

ネイティブキャンプ : 月6,480円で365日24時間レッスン受け放題。予約不要。ネイティブ講師も在籍。

DMM英会話:月6,480円~(非ネイティブ講師だけでなく、ネイティブ・日本人講師も選択可。英語学習アプリ「iKnow」が使い放題)

英作文添削アプリ【アイディー】

1回166円から、アプリで気軽に添削依頼できるサービス

会話練習は別にしなくてもいいという方におすすめ。

>>英語添削アイディー

Q&Aサイト【Hinative】

語学や文化について気軽にネイティブスピーカーに質問できる語学学習プラットフォーム

無料で使えます。

こんな感じで投稿すれば、投稿を見た誰かが添削してくれますよ。

>>Hinativeサイトはこちら

言語交換アプリ【Hellotalk】

HelloTalkハロートーク-英語を勉強する

HelloTalkハロートーク-英語を勉強する

無料posted withアプリーチ

日本語を勉強している英語圏の人と繋がれる言語交換アプリ

このアプリにあるタイムライン機能をうまく使えば、無料で添削を受けられることも。

ただ、100%添削を受けられるとは限らないのでその点だけは注意してくださいね。

Hellotalkの使い方については、「【勉強法も公開】Hellotalk(ハロートーク)の使い方・特徴を解説!」の記事をどうぞ。

ひたすら音読練習

英語を添削してもらったら、後はその文章が体に染み込むまでひたすら音読練習します。

英語音声を聞きたい方は、「Google翻訳」を使えばOK。

英語日記を書くことで得られるメリット

英語日記を書くことで得られるメリット

英語日記を書くことで得られるメリットは以下の4つ。

  1. 単語・文法・表現力が高まる
  2. 会話力向上に繋がる
  3. 他の英語学習者と交流できる
    (SNS発信する方のみ)
  4. 一生の財産になる

一つずつ説明しますね。

単語・文法・表現力が高まる

一番大きなメリットは、自然と「単語・文法・表現力」を伸ばせられること

自分では基礎単語・文法は完璧に習得していると思っていても、いざ日記を書いてみると、理解があやふやな部分が必ず出てくるんですよね。

日記は英会話と違って、じっくり一つ一つの単語・文法を確認できるので、その分頭に定着させやすいです。

それに、「もっと自然な表現はないかな??いつもとは違う表現を使ってみたいな。」と思えるようにもなるので、表現力がみるみる高まりますね。

会話力向上に繋がる

日記を書くことのメリットと言えば、文章力(ライティング力)が伸びることだけに目を向けられがちですが、実は会話力(スピーキング力)向上にも役立ちます

というのも、あらかじめ日記でアウトプットした情報をそのまま会話時にも使えるから。

例えば、昨日起こった出来事について話したい場合、

「あ、そう言えば昨日同じ内容を日記で書いたな。え〜っと、英語で言うと、、、」

みたいな感じで、言いたい単語や表現が口から出てきやすくなります。

「日記でアウトプット → 会話で同じ内容をアウトプット」することで効率よく会話力を伸ばせられますね。

他の英語学習者と交流できる

これは書いた日記をSNSで発信したい方だけに言えることですが、他の英語学習者と交流できるのもメリットの一つ

twitterやinstagramで発信すると、他の英語学習者からフォローされたり、時にはコメントを貰えたりもします。

勉強のモチベを高く維持するためにも、他の英語学習者との交流ってやっぱり欠かせないんですよね。

特にやる気が落ち込んできた時に、

「他のみんなも頑張ってるんだから、私もつべこべ言わずに英語勉強しなきゃ!」

と気持ちを奮い立たせられますよ。

一生の財産になる

英語日記は、一生の財産になります

ノート・メモ帳に日記を書いたり、SNSに日記を投稿したりしただけで、それはもうあなた自身のオリジナルコンテンツ。

日記を書くことは、言い換えると、「他の人が作れない唯一無二の作品を作る」ことに等しいです。

それに、「就職・転職」時に自分のアピールポイントを伝えるための素材としても十分活かせますね

毎日楽しんで書く日記が「一生の財産」になる。

これほど嬉しいことはありません。

英語日記を書く・長く続けるコツ

英語日記を書く・長く続けるコツ

英語日記を書くコツ・長く続けるコツについて6つほどご紹介します。

シンプルな構成で書く

一つ目は「シンプルな構成で書く」こと

いきなり難しい表現がたくさん入っている長文を書いてしまうと、おそらく途中ですぐに挫折してしまいます。

なので、初めは出来るだけ簡単な表現・シンプルな構成で書くのがおすすめ。

例えば、

「今日の気分や天気 → 今日の出来事 → 感想」

といった流れ。

日記を書くことに慣れてきたら、徐々に使う表現を難しくしたり、少し文字数を増やしたりすればOKです。

自分の好きな分野について書く

二つ目は、「自分の好きな分野について書く」こと

「日記っていっても、書くネタがないんだけど、、、ニュースを読んだ感想とか書いてみようかな。」

こんなふうに思っている方は、自分の趣味・興味があることについて書くのをおすすめします。

正直、無理やり興味もないニュースを読んで、

「自分の考え→理由→他の意見→結論」

などの構成で書くのってめちゃめちゃ苦痛です笑

なので、とにかく自分が楽しく書ける内容、長く続けられそうな内容を選んでみてくださいね。

辞書・翻訳サイト・アプリをうまく活用する

三つ目は、「辞書・翻訳アプリをうまく活用する」こと

英語日記を書いていると、途中でどうしても英語に直せない部分が出てくると思います。

そんな時はためらわず辞書・翻訳アプリを使ってくださいね。

「いや、私はそんなものに頼らず自分の力だけで日記を書いてやるんだ!」

って思っていると途中で100%挫折しますよ。

各種添削サービスを使う

四つ目は、「各種添削サービスを使う」こと

「辞書・翻訳サービスを使いながら日記書いたけど、単語・文法・表現が合ってるか自信がない、、」

と思う方も多いはず。

そんな方は、自力で日記を書いた後に、「各種添削サービス」を使って文章を添削してもらうことをおすすめします。

英語圏の人に添削してもらうことで、文法・表現に間違いのない自分だけのオリジナル文を手に入れられますよ

日記を書くことを習慣化させる

五つ目は、「日記を書くことを習慣化させる」こと。

これは日記を長く続けるコツの一つですね。

毎日日記を書いていると必ず途中で、「あ〜。今日は疲れたし、日記書くのめんどくさいなぁ〜。」と思う時がやってきます。

人間って誰しも面倒くさがり屋ですから笑

なので、やる気に左右されず日記を書き続けられるように、日々の生活の中に「英語日記」を組み込みましょう

・歯磨き

・お風呂

など、すでに習慣化されている行動の前に「英語日記」をくっつける方法がおすすめです

SNSで発信する

六つ目は「SNSで発信する」こと

メリットの欄でも書いたように、日記をSNSで発信することによって、他の英語学習者と繋がることができます。

モチベ管理にもなりますし、さらに日記を書くことをやめづらくなるので、これから長い間日記を書き続けようと考えている方にはおすすめの方法ですよ。

参考になる英語日記アカウント

参考になる英語日記アカウント

最後に参考になる英語日記アカウントを紹介します。

是非ご自身の英語日記に役立ててみてください。

英語日記-DAIKI-

https://www.instagram.com/eigonikki_daiki/?hl=ja

これは僕が現在インスタグラムで発信している「英語日記」。

添削してもらった英文にシンプルなデザインを施して投稿してます。

ちなみに、デザイン編集には無料アプリ「canva」を使ってますよ。

インスタ投稿用のテンプレートが予めたくさん用意されているのでかなり便利。

Arai Rioさん

https://www.instagram.com/p/B0mmFL_pza2/

イラストレーター・デザイナー・ミュージシャンとして活躍する新井リオさんによる英語日記。

5年間もの間、毎日英語日記を書かれていた方で、「英語日記BOY」という書籍も出版されています。

英文は1文だけとかなりシンプルな構成ですが、思わず引き込まれてしまう独特な世界観の日記ですね。

Sachie Nakamuraさん

https://www.instagram.com/sachie.nakamura/?hl=ja

なんとも可愛い自作イラストが、読む人をほっこりさせてくれる日記。

2018年1月から毎日投稿されていて、現在の投稿数はなんと1000以上。

継続力が半端ないですね。

みっちゃんさん

https://www.instagram.com/mitchan111/?hl=ja

携帯のメモ帳にささっと書いて投稿するだけなので、時間がない方でも取り組みやすい方法の一つですね。

まとめ

語彙・文法・表現力を高めたり、スピーキング力を伸ばしたりするのに役立つ英語日記。

英語日記を書くにあたって一番大事なのは、出来るだけ毎日続けること。

是非、自分が楽しいと思えるようなやり方で英語日記を書いてみてくださいね。

それでは楽しい英語LIFEを!

この記事を書いた人

英語・中国語の学習に役立つ情報や中国市場の情報について発信しています。
【略歴】
・京都に住んでいた時、中国人観光客の会話を何回も聞いているうちに中国語に興味が湧き、それ以降中国語の勉強にハマる。
・2019年3月〜中国の動画プラットフォーム「bilibili」で日本語や日本文化についての動画を中国人に向けて発信開始。
・現在は外国人に日本語を教えつつ、英語・中国語習得中。

DAIKIをフォローする
楽しく英語学習
スポンサーリンク
DAIKIをフォローする
DAIKI LIFE

コメント