italkiクレジットを日本の銀行口座に引き出す方法を詳しく解説!

その他

 

italkiで日本語教えてクレジットが溜まってきたんだけど、そろそろ銀行口座に引き落とししたいなぁ〜。でも、いまいちやり方がわかんない、、

こう思っている方に是非読んでもらいたい記事です。

この記事で分かること

italkiクレジットをpaypalに引き出す方法
paypalの残高を銀行口座に引き落とす方法
italkiクレジットを引き出すのにかかる手数料について
スポンサーリンク

italkiクレジットは何に使える?


実際にitalkiの教師になって、レッスンを行うと、生徒からitalkiクレジットを受け取ることになります。

いくら貯まっているかについては、「メニュー」➡「私の財布」の欄で確認することができます。

  

貯まったitalkiクレジットはどうしたらいいのかな?

(1)生徒としてレッスンを受けるときに使う
(2)銀行口座に引き出す

主にこのどちらかを選択することになると思います。

自分も外国語の勉強をしているのであれば、レッスンを受ける時にitalkiクレジットをそのまま使うことができます。なので、日本語を教えながら、他の言語を実質0円で学ぶことだってできちゃうんです。

レッスンを受ける場合、貯まったitalkiクレジットは「クレジットを移す」という所をクリックして、生徒用の財布に移し替えましょう。

レッスンを受ける予定や必要がない場合は、貯まったitalkiクレジットを日本の銀行口座やpaypalなどに引き落とすことができます。

italkiクレジットを銀行に引き出すやり方

italkiクレジットを銀行に引き出す方法は、

・paypal経由

・payoneer経由

の2パターンあります。

「payoneer」を使った方法については、後日更新するので少々お待ちくださいませ。

paypalのアカウントを作って、italkiと紐付けしよう。

まず初めにpaypal」のアカウントを作りましょう。


googleなどでpaypalと検索し、赤枠で囲んだリンクをクリックしてください。

 

すると、このようなページが表示されると思うので、右上の「新規登録」をクリックしてください。

アカウントの種類は、「パーソナル(個人)アカウント」を選択してください。

個人情報などの各項目を記入し、一番下の同意の欄にチェックを入れた状態で、「同意してアカウントを開設」ボタンをクリックします。

アカウントが開設できたら、登録したメールアドレスに確認用のメールが届いていると思うので、そこからpaypalのページに飛んで、メール確認を行います。


ここまで出来たら自分のページにログインして、そのページをブックマークしておいてくださいね。

次に、italkiのページに戻って、「先生の設定」➡「引き出す」と進み、paypalのアカウントを登録します。

paypalで登録したメールアドレスをそのまま記入すればOKです!これでpaypalとitalkiが紐付けされました。

italkiクレジットをpaypalに引き出そう

「メニュー」➡「私の財布」と進むと、その中に「引き出す」という赤いボタンがあるので、そこをクリックします。


するとこのような画面が表示されると思うので、「引き出す金額」「引き出しタイプ」「引き出す方法」の三つの項目をそれぞれ指定します。


30ドル以上のitalkiクレジットが貯まれば引き出すことが可能ですが、ここに書いてある通り、出来るだけ多くのクレジットを一度に引き出した方が手数料がお得になるので、急がない方は、ある程度貯まってから引き出すことをおすすめします。


そして、引き出し方法についてですが、急がない場合は、「通常の引き出し」でいいと思います。

毎月、5日と月末が〆日となっており、そこから10日以内にpaypal口座に引き落としされます。
☆(経験上だいたい10日くらいかかります。)

「お急ぎの引き出し」を選べば、24〜48時間以内にpaypal口座に引き落としされるのですが、この場合、追加料金として10ドルかかってしまうので、あまりおすすめは出来ません。

あとは、チェックボックスとitalkiのパスワードを入力すれば、引き落としのリクエストは完了です。

銀行口座に引き落とししよう

paypalのホーム画面から、右下の「カードまたは銀行を登録する」をクリックして、銀行口座の登録を行いましょう。


登録が完了したら、ホーム画面の「引出し」をクリックしましょう。

 

そこで、引き落とす口座、引き出し金額(ドルで指定)を記入します。

最低金額は10ドルです。

口座引き落としの申請が完了してから、3〜6日で銀行口座に引き落としされます。

  
あれ?ってことは、italkiで引き出し申請してから銀行口座に引き落としされるまで、約13日くらいかかるってこと?

そうなんです。実はお金を引き出すのにかなり時間がかかります。ただ、待っていれば確実に引き落としされるので、急いでいない場合は問題ナッシングです。

手数料について

italkiクレジットを引き出すには、「paypal」経由か、「payoneer」経由の2パターンの方法があります。

両者のサービスを使って、italkiクレジットを引き出した際にかかる諸々の手数料は以下の通り。

「paypal」経由

  • italkiからpaypalにitalkiクレジットが振り込まれる際、振込額の約2%手数料がかかる。
  • paypalから銀行口座に引き落とすお金が5万円以内なら250円の手数料が必要。5万円以上なら無料
  • paypalから銀行口座に引き落とす時の為替手数料は約3~4%

「payoneer」経由

  • italkiからpayoneerにitalkiクレジットが振り込まれる際、3ドルの定額手数料がかかる。
  • payoneerから銀行口座に引き落とす際の振込手数料は無料為替手数料は2%

少し分かりづらいと思うので、600を銀行口座に引き落とすと仮定して、何円手元に入ってくるか計算してみます。

「paypal」

italkiからpaypalへの振込手数料(約2%)
($600 × 0.98 $588)

paypalから銀行口座への振込手数料(無料)

paypalから銀行口座に振り込む際の為替手数料(約3.5%)
 ($588×106.5 × 0.965)= 60,430

2020/8/17現在(1ドル=約106.5円)として計算

「payoneer」

italkiからpayoneerへの振込手数料($3の定額手数料)
($600 $3 $597)

payoneerから銀行口座への振込手数料(無料)

paypalから銀行口座に振り込む際の為替手数料(2%
($597 × 106.5 × 0.98 62,309

このように、断然「payoneer」を経由して引き出した方がお得ですね

実は、僕は今日記事を更新するまで、ずっと「paypal」でitalkiクレジットを引き出していました。

今更ですが、めちゃめちゃ損した気分ですね、、

まとめ

いかがでしたか?

今回はitalkiクレジットを銀行口座に引き落とす方法について具体的に見てきました。

italkiクレジットは円ではなくドルなので、引き出す時には、為替の変動にも注意しなければいけませんね。

なるべく円安の時に引き出した方が、貰える日本円は高くなります。
・1ドル120円の時 : 200ドル引き出す ➡ 24000円
・1ドル100円の時 : 200ドル引き出す   ➡    20000円

是非、今回の記事を参考にして銀行口座にお金を引き出してみてください。

 

この記事を書いた人

英語・中国語の学習に役立つ情報や中国市場の情報について発信しています。
【略歴】
・京都に住んでいた時、中国人観光客の会話を何回も聞いているうちに中国語に興味が湧き、それ以降中国語の勉強にハマる。
・2019年3月〜中国の動画プラットフォーム「bilibili」で日本語や日本文化についての動画を中国人に向けて発信開始。
・現在は外国人に日本語を教えつつ、英語・中国語習得中。

DAIKIをフォローする
その他
スポンサーリンク
DAIKIをフォローする
DAIKI LIFE

コメント

  1. やまだ より:

    解説いただき、ありがとうございます。
    italkiにクレジットがたまり、引き出したいと考えていたので、非常に助かりました。

    ただ、手数料のところで「(2)paypalからitalkiに引き落とす際にかかる手数料(5万円以内の引き落としの場合、250円)」と書かれていましたが、paypalからitalkiに引き落とすというのは、「paypalから自分の銀行口座へ引き落とす」の間違いでしょうか?
    また、5万円以内の引き落としの場合は250円の手数料と書かれていますが、5万円以上であれば手数料は無料なのでしょうか?
    もうひとつ、Payoneerでの引き出しもあるかと思いますが、それはPaypalよりも高くなってしまうということでしょうか?「高くなっている」とだけ述べられており、どれくらい差があるのかわからずどちらが良いのかわからず、どちらで引き出すか迷っています。

    自分で調べればわかることではありますが、そのあたりも解説いただけると大変助かります。
    お手数をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

    • DAIKI より:

      コメントありがとうございます。

      「(2)paypalからitalkiに引き落とす際にかかる手数料(5万円以内の引き落としの場合、250円)」の文章は、ご指摘の通り、「paypalから自分の銀行口座へ引き落とす」の間違いです。
      また、paypalで5万円以上の引き落としの場合、手数料は無料なので、できるだけ5万円以上貯まってから引き落としされることをおすすめします。

      そして、「payoneer」の手数料についてなのですが、もう一度詳しく調べたところ、「paypal」よりもだいぶ安いことが判明しました。
      記事に書いている内容と違い、惑わせてしまって本当に申し訳ございません。
      今日中に記事を修正するので、今しばらくお待ちください。