【携帯代節約】キャリアから格安simに乗り換えただけで1か月5000円も浮いた話

その他

 

今月の携帯代10000円超えてるじゃん、、今まであまり気にせず携帯使ってたけど、1か月10000円の出費ってかなり多いよね、、どうにか安くできないかな??

こう思っている人にぜひ読んでもらいたい記事です。

 

皆さんが今使っている携帯はどこで購入しましたか?

おそらく多くの人がdocomo・au・softbankといった三大キャリアのいずれかで購入していると思います。

 

ただ、こんなことを思った方はいませんか?

 

毎月の携帯代ちょっと高すぎるような気がするんだけど、、

僕自身もある時から、自分の携帯料金に少し違和感を感じ始めたんですよね。

今ではsimフリーの携帯が増えてきたように、格安simと呼ばれる、キャリアに比べてかなり通信費が安くなる会社もたくさん出てきています。

やっぱり毎月の通信料が安くなることに越したことはないですよね。

 

でもさ、格安simって結局どうなの?

こういう疑問を持っている方もいると思うので、今日は実際に僕が格安simにした話と格安simの特徴について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

①1年半前に格安simに乗り換えた話

1年半前に格安simに乗り換えた話

 

僕がキャリアから格安simに乗り換えたのは去年の2月なので、約1年半前ですね。

この時は、なんとなく、キャリアと比べて月々の値段が安い。」ということくらいは分かっていました。

実は、格安simに乗り換える前、格安simに対してこんなイメージを持っていました。

・通信料が安いってなんか怪しいな~。
・電波が繋がりにくいのはいやだな~。
・今までずっとドコモ使ってきたけど、やっぱりドコモのほうが信頼できるかな、
・乗り換えるのめんどくさそうだなぁ~。
・サポートとか雑そう。
・みんなキャリア使ってるし、今まで通りドコモでいいかな。

乗り換える前の携帯料金の状況

使っていた端末はiphone5s(16GB)です。端末料金は月々サポートがあったので実質無料でした。

基本料金+データ定額料(5GB)+通話料金でだいたい月々7500~8000円くらい。

 

正直周りの友達も携帯料金はこれくらいだったので、この料金が特別高いとは思っていませんでした。

 

格安simに乗り換えようと思った理由

就職の関係で京都府に引っ越しすることになったので、それを機に一人暮らしを始めました。

出来るだけ支出を減らすために、支出の中でも比較的高い割合を占める、携帯料金を見直すことにしました。

そして格安simの情報をネットで探していたところ、良さそうな格安simがいくつか見つかったんですよね。

☆mineo LINEモバイルなど

 

この時、ネットには、

昼の時間や夜の時間帯など、多くの人が携帯を使用する時は多少通信が悪くなるが、それ以外はキャリアの通信スピードとあまり変わらない。

書かれていたので、正直半信半疑でしたが、結局、mineoという格安simを選びました。

 

端末は今までのiphone5sがまだ使える状態だったので、継続してiphone5sを使うことにしました。

☆現在は別のandroidの端末を使用しています。

 

格安simに乗り換えた結果

月々7500~8000円だった携帯代を、約3000円まで抑えることができました。

☆プラン内容:mineo デュアルタイプ(音声通話+データ通信)2280円+税 (docomo回線)+端末安心保証サービス 407円

約5000円節約することに成功ですね!

 

現在キャリアを使っている人のほとんどは、格安simに乗り換えるだけで月々の携帯代が安くなると思います!

(MNP転出料や違約金などがかかる場合がありますが、その費用を入れても全体の費用は安くなります。この辺りについてはまた別の記事で書きたいと思います。)

キャリアから格安simに乗り換える方法はこちらの記事で詳しく書かれているので、是非参考にしてみてください。

格安SIMへ乗り換える方法(MNP):格安SIMとスマホ比較
ここではドコモ、au、ソフトバンクから格安SIMへMNPで乗り換える方法を記載しています。大手キャリアに加えて、格安SIMから他の格安SIMへの乗り換える場合も合わせて説明します。 MNP(乗り換え)という手続きを行うことで、今まで使っていたスマホやガラケーの電話番号(070、080、090)を格安SIMでもそのまま使...

 

②格安simのメリット・デメリット

格安simのメリット・デメリット

メリット

・通信料が大手キャリアに比べて圧倒的に安い。
・キャリアにある2年縛りの制度がない。(縛りはないですが、最低利用期間というものは存在します。)

大きなメリットは先ほども書いたように、月の携帯料金を大幅に削減できることです。

また、キャリアでiphoneを購入した場合は、2年使う前に解約してしまうと、多額の違約金がかかってしまいます。

それ比べて、格安simは○年縛りというのはありません。

ただ、「最低利用期間」というものが設定されています。

○年縛りはないですが、1年使わないと、MNP転出の際にかかる金額が増えてしまいます。この点は気を付けなければならないですね。

 

デメリット

・通信が時々悪くなる(日常生活で使う分には全く問題ない)
・キャリアメールが使えなくなる(gmailやyahooメール等のフリーメールを使えばOK!)
・LINEID認証が使えなくなる(IDで検索できなくなるが、QRコードで代替可能)
・サポートが大手キャリアに対して少ない。
・かけ放題(制限なし)のプランがない

昼間などには若干通信が悪くなることがありますが、日常生活で使う分には全く問題はないレベルです。

そして、二つ目のキャリアメールが使えなくなるという点については、gmailやyahooメール等のフリーメールを使えば、問題はないです。

三つ目のLINE ID認証が使えなくなるのは、少し不便に感じる方もいるかもしれませんが、QRコードでも代替可能です。

また、キャリアであれば、全国各地に店がありますが、格安simは、地方に店がないことが多いです。

なので、都会の人や自分でネットで情報を得られる人なら問題ないですね。

最後の何時間でも電話かけ放題というプランは格安simにはないので、仕事上、毎日にように長電話しなければいけない方には、格安simはオススメしません。

 

このようなデメリットがあるのですが、「かけ放題が絶対に必要!」って方以外は格安simにしてもそんなに問題はないと思いますね。

③まとめ

いかがでしたか?

今回の記事では、キャリアから格安simに乗り換えて毎月の携帯代が安くなった話と、格安simのメリット・デメリットについて簡単に紹介してきました。

生活必需品である「携帯電話」。毎月かかる固定費だからこそ、できるだけ安く済ませたいですよね。

月々の支払いが高くて困っている皆さん、ぜひ格安simへの乗り換えも選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

 

この記事を書いた人
DAIKI

英語・中国語の学習に役立つ情報や中国市場の情報について発信しています。
【略歴】
・京都に住んでいた時、中国人観光客の会話を何回も聞いているうちに中国語に興味が湧き、それ以降中国語の勉強にハマる。
・2019年3月〜中国の動画プラットフォーム「bilibili」で日本語や日本文化についての動画を中国人に向けて発信開始。
・現在は外国人に日本語を教えつつ、英語・中国語習得中。

DAIKIをフォローする
その他
スポンサーリンク
DAIKIをフォローする
DAIKI LIFE

コメント