優柔不断な性格を直すためには?毎日の小さな決断に使うエネルギーを減らそう!

その他

 

優柔不断な性格を直したいけど、どうしても何か決める時に悩みすぎてしまうんだよなぁ〜。毎日決断しなきゃいけないことが多すぎて、疲れてしまう、、

こう思っている方にぜひ呼んでもらいたい記事です。

 

突然ですが、あなたは「優柔不断」ですか?

 

ちなみに僕は、「今日はどんな服を着ようか?」「今日はどのカフェに行って作業しようか?」などと迷うことが結構あります。

なので、僕も多少「優柔不断」な性格を持ち備えていると思います。

毎日些細なことで迷っていると、なんだか気持ちが疲れてしまい、その後作業や勉強に集中できなくなってしまうという経験を幾度となく経験してきました。

 

もちろん「優柔不断」というのは良い面はあるのですが、どうしても悪い面がたくさんあると思われがちな性格です。

 

優柔不断はどんなときに有利に働いて、どんなときに不利に働くのか。些細なことに対して素早く決断するためにはどうすればいいのか?について今日は書いていこうと思います。

 

  
今日は白Tと、スウェットかどっちにしようか、、、ズボンの色は、、、あっ、今の僕って完全に優柔不断じゃん!笑

 

スポンサーリンク

①「優柔不断」がもたらすメリットとデメリット

「優柔不断」がもたらすメリットとデメリット
 

メリット

(1)慎重に行動できる

優柔不断とは、何か物事を決めるときにかなり悩んでしまい、なかなか決められないといった性格のことを指すので、「しっかりと考え、慎重に行動できる」性格とも言い換えることができますよね。

人生の中にはいろんな決断の時がありますが、自分にとって本当に大事な決断をしなければいけない時や、じっくりと情報を吟味する必要がある時などは、この「優柔不断」の性格はうまく機能してくれるはずです。

 

その一方で早く物事を決定してしまう人は、その点大きなリスクを取ってしまったり、取り返しのつかない失敗をしてしまう可能性が高くなってしまいます。

 

(2)相手にペースを合わすことができる

早く決定することが苦手だということは、他人の意見をしっかり聞くことができ、相手のペースに合わせやすいとも言えると思います。

相手のペースに合わせることで、プライベートでも仕事面でもより良い人間関係を築きやすくなるのではないでしょうか?

ただ、度を超えた優柔不断の場合、相手をイライラさせてしまうことがあるので、注意です。

 

デメリット

(1)悩みすぎると疲れてしまう

これは僕も経験あるのですが、あまり重要度が高くないことに対して迷いすぎていると、なんだか頭が疲れた感覚になるんですよね。

決断に大きなエネルギーを使ってしまうと、その後の活動に必要なエネルギーが足りなくなってしまうので、これは大きなデメリットであると言えます。

 

(2)大きなチャンスを逃してしまう

人生の中で、いつ自分の目の前に大きなチャンスが現れるかは分かりませんよね。

でもそのチャンスが降ってきたときに、優柔不断な性格を持っていると、その時ですらなかなか決断することができず、結局そのチャンスを逃しかねません。

 

(3)周りの人をイライラさせてしまう

多少の優柔不断ならいいですが、あまりにもひどい優柔不断だと、周りの人をイライラさせてしまうと思います。

例えば、友達と食事に行った時に、周りはもう注文するメニューを決めているのにも関わらず、自分だけ10分・20分と何を頼もうか悩んでいると、周りは絶対イライラしますよね。

 

また、カップルでショッピングに行った場合、彼氏が待っているのにも関わらず、彼女は服がなかなか選べなくて2時間くらいかかったとすると、待たされた彼氏はたまったもんじゃないですよね。

 

  
買い物が長い彼女に対して不満を抱いている彼氏さんは結構多そうだね、、

 

②大きな決断と小さな決断の違い

大きな決断と小さな決断の違い

(1)大きな決断とは?

例)就職活動での会社選び、転職、結婚、受験、留学など

 

大きな決断をするときは、できるだけ悩んで自分にとって納得のいく選択肢を取る必要があるので、この場合は、優柔不断」の性格が有利に働きやすいと思います。

「即断即決」してしまうような人だと、後から後悔するような選び方をする可能性が高まってしまいます。

 

(2)小さな決断とは?

例)毎日の服選び、献立、休日どこに遊びに行くか、どのカフェで作業・勉強するか、飲み会に行くかどうか、友達の誘いにのるかどうかなど

 

この場合は、大きな決断の時と異なり、「優柔不断」の性格が不利に働きやすいと思います。

あまりその後の自分の生活に大きな影響を及ぼさない小さな決断の時は、すぐに決断した方がいいのではないかと僕自身考えています。

 

③小さな決断をする際の意思決定をできるだけ早める方法

小さな決断をする際の意思決定をできるだけ早める方法

 

日々の生活の中で小さな決断をするときは、あまり迷わずにささっと決めた方が、余分なエネルギーを使わずに済みます。

では、どうすれば意思決定のスピードをできるだけ早めることができるのでしょうか?

僕が考えた方法について紹介していきます。

 

(1)完璧を目指さないようにする

一つ目は、「完璧を目指さないようにする」方法です。

これは具体的な方法とかではなくて、意識の問題なのですが、優柔不断な人の中には、「完璧主義者」が多いと考えられています。なぜなら、

納得がいくまで永遠に悩みまくる=完璧を目指している

からです。

 

例えば朝、今日着る服に迷っているというシチュエーションを考えてみてください。

なぜ着る服を迷っているかというと、

・昨日と同じ服はだめ。
・上の服に似合っているズボンやスカートはどれだろう?
・昼間は暖かくていいけど、夜はちょっとこの服装だと寒いかな?
・この組み合わせはちょっと変かな?

 

というふうに、服の組み合わせの答えをずっと探しているんですよね。

こういう人は「今日のコーデは完璧だ!」と自分で思うまで、ずっと迷い続けてしまいます。

 

なので、完璧は目指さずに、「ある程度納得のいく選択ができればいいや!」とより気軽に考えてみてはいかがでしょうか?

 

(2)自分ルールをあらかじめ作っておく

二つ目は、「自分ルールを作る」方法です。

僕はこの方法を「服選び」「作業をしにいくカフェ選び」の時に実際に使っています。

 

「服選び」では、

・1週間の中で着る服をあらかじめ紙に書いておく。
(上と下の組み合わせも決めておく。)
・二日連続同じ服があっても別にOK!
・春や秋など、一日の気温差が大きい時期は、夜に着ることができる上着は毎日同じやつを持っていく。

という感じです。

 

この他にも、

・ハンガーの左側から月曜日・火曜日・水曜日に着る服というように順番に並べていく
・ハンガーにポストイットを貼って、何曜日に着る服なのか簡単に分かるようにしておく。
(月:肌色 火:薄いピンク色 水:水色 木:黄緑色 金:黄色 土:濃いオレンジ色 日:濃いピンク)
・ポストイットではなく、ハンガーの色で分けておく。

この記事を書いている途中にこんな方法も思いついたので書いておきます笑

 

そして、「作業をしにいくカフェ選び」では、

自分が集中できるカフェをいくつかピックアップしておき、ローテーションで行くようにしています。

 

このように、簡単な自分だけのルールを作っておくことで、迷わずにすぐ選ぶことができますよ〜。

 

(3)紙に書いて考える

三つ目は、「迷っていることを紙に書いて考える」方法です。

 

頭の中で迷ったり悩んだりするよりも、迷いを文字として頭の中から外に吐き出すことで、自分が何を悩んでいるのかや、迷っているのかについて可視化できます。

 

そこからどの選択が自分にとって好ましいのかを考えていけば、今までよりも時間をかけずに物事を決めることができるようになると思います。

ただ、この時に注意したいのが、「完璧を求めすぎない姿勢」も必要だということです。どれだけ紙に書いて考えても、完璧を求めると、どっちみちなかなか決断できないからです。

 

④まとめ

いかがでしたか?

今回の記事では、優柔不断という性格がもたらすメリットやデメリットに加え、小さな決断を出来るだけ早くする方法について見てきました。

「自分は優柔不断な性格で困っている。」という方はぜひこの記事で紹介した方法を試してみてくださいね。

この記事を書いた人
DAIKI

英語・中国語の学習に役立つ情報や中国市場の情報について発信しています。
【略歴】
・京都に住んでいた時、中国人観光客の会話を何回も聞いているうちに中国語に興味が湧き、それ以降中国語の勉強にハマる。
・2019年3月〜中国の動画プラットフォーム「bilibili」で日本語や日本文化についての動画を中国人に向けて発信開始。
・現在は外国人に日本語を教えつつ、英語・中国語習得中。

DAIKIをフォローする
その他
スポンサーリンク
DAIKIをフォローする
DAIKI LIFE

コメント