【実は99%の人が間違ってます】英単語を最も効率よく暗記する方法とは?

英語アプリ

この間覚えた英単語なのに、もう忘れちゃった、、全然英単語暗記できないんだけど、何かいい方法ないかな?

本記事はこんな方におすすめです。

 

本記事の内容

  1. すぐに英単語を忘れてしまう理由とは?
  2. 長期記憶として記憶を残す方法
  3. アプリ「Anki」の使い方について

 

スポンサーリンク

すぐに英単語を忘れてしまう理由と正しい覚え方

すぐに英単語を忘れてしまう理由と正しい覚え方
 
  
くそ〜〜!!昨日勉強した単語が出てこない、、、なんでや〜!

 

おそらく、この記事を読んでくださってる皆さん全員が、このような経験をしたことがあると思います笑

僕自身も中学・高校の時に、嫌というほど毎日英単語を覚えていましたが、すぐに忘れてしまって、テストの時、覚えたはずの単語が出てこなかった経験があります。

(なんかやたらと英単語の小テストが多かったのを覚えていますね笑)

 

喉くらいまでは出てきているのに、思い出せない時ってかなり腹たちますよね。

 

でもどうしてすぐに英単語を忘れてしまうのでしょうか?

 

それは、英単語が「短期記憶」としてしか脳の中にインプットされていないからです。

 

多くの人がよくやりがちな勉強は、

  • 何回も同じ単語を書きまくる
  • すぐに覚えた単語を復習する

 

のようなやり方ですが、この方法だと、すぐに覚えた単語が頭の中から消え去ってしまいます。

 

実は、長い間英単語を忘れないようにするためには、短期記憶を「長期記憶」に進化させる必要があるんですよね。

イメージとしては、以下の図のような感じです。

 

記憶が消えかけている段階で復習し、また記憶が消えかけてきた頃に復習する。

これを何回も繰り返すことで、最終的に英単語が「長期記憶」として頭の中に残ってくれるんですよね。

 

そして、この記憶のメカニズムはこちらの「エビングハウスの忘却曲線」を見ればすぐに納得できると思います。

 

 

勉強してから1日がたつと、内容の約70%も忘れてしまいますし、1日後に復習したとしても、50%のことは脳からなくなってしまいます。

もちろん勉強してからすぐに復習することも大事ですが、本当に大事なのはその後です。

 

忘れた頃に復習し、その度に覚えた内容を想起することが記憶の定着には必要不可欠なんですよね。

 

また、単語だけで覚えるのではなく、「音声+写真」と一緒に覚えるのが一番効率がいいと言われています。

というのも、単語を見たときに、音声とその単語の意味を表している写真が一気に頭の中で想起されるからです。

なので、ぶっちゃけ「何かと何かを組み合わせて覚える」方法は最強ですね。

 

今回は紹介しませんが、自分で例文を作ってストーリーの中で単語を覚えるのもおすすめですよ。

 

まとめると、「間隔をあけて単語を復習する(忘れた頃に)」「音声+写真と一緒に単語を覚える」この二つを取り入れた暗記法が一番おすすめ。

 

ただ、自分でいちいち復習するタイミングを考えるのはかなり面倒ですし、単語を復習する度に音声と写真を準備するのは大変ですよね。

そんな方にオススメなのが、その作業を全部自動化してくれる「Anki」というアプリです。

次の章では、そのアプリの使い方について紹介していきますね。

 

アプリ「Anki」の使い方について

アプリ「Anki」のダウンロード

今回はmacを使って説明していきたいと思います。

ちなみに、Android、iphoneのアプリ版もあるので、スマホでもダウンロードできますよ。

 

 

まずはこちらからアプリ「Anki」をダウンロードします。

 

下の方に、ダウンロードのボタンがあると思うので、そちらをクリック。

 

ダウンロードできたら、アプリを開いてください。

最初に、言語を選ぶ画面が表示されると思うので、「日本語」を選択。

 

 

覚えたい英単語をカードに追加

最初に自分が覚えたい英単語を設定していきます。

上の「追加」をクリック。

一番上の「Basic(裏表反転カード付き)」を選択。

 

 

新しいデッキ名には「英単語基本」のようにタイトルを記入。

 

 

するとこのような画面が表示されると思うので、

  • Front:最初に表示される単語(問題)
  • Back:答え

の欄にそれぞれ記入します。

 

 

次は、写真を挿入していきます。「Front」の欄を選択した状態で、右上のクリップのマークをクリック。

 

 

同じように「Back」の方にも写真を挿入しておいてくださいね。

写真を挿入できたら、次は単語の音声を入れていきましょう。

ここで単語の音声はどこで手に入れたらいい?といった疑問が出てくるかと思いますが、ここでは、「Google翻訳の音声」を使います。

 

音声ボタンをクリックすれば音声が流れるのですが、まだクリックしないでくださいね。

アプリ「Anki」側に戻ります。

「Back」の欄が選択されている状態で、右上のマイクボタンをクリック。(英単語の方に音声を入力してくださいね。)

 

 

すると、ボタンを押した瞬間に録音が始まるので、あらかじめ準備しておいたGoogle翻訳の音声を流して、最後に「保存」をクリックします。

 

 

全て入力できたら、「追加」をクリック。

 

 

ここまでできたら、ホームに戻って、「デッキ」からさっき作成した「英単語基本」を選択して、学習を始めましょう。

 

 

学習後に、「もう一度」「普通」「簡単」のどれかを選択します。

これを選ぶことで、次回の復習までの期間を自動的に決めてくれます。

 

 

さらに効率よく英単語を定着させる方法

さらに効率よく英単語を定着させる方法

 

ここまでは、主に「英単語を効率よく覚える方法」について紹介してきましたが、実際に英単語を会話の中で使わなければ、またすぐに忘れてしまいます。

なので、このアプリで英単語を覚えながら、同時に実践的な会話練習を行うことをおすすめします。

 

 
CHECK!

僕がおすすめするのは、こちらの「italki」というサイトです。

いつでも!どこでも!オンラインで外国語が学べるitalki

 

 

 

こちらのサイトでは、ネイティブの英語教師が約2000人もいて、自分で好きな先生を選ぶことができます。

 

さらに1レッスンからでも受けることができ、値段も他のオンライン英会話よりも断然安いです。

 

安い人で1時間700円くらいですよ〜。)

 

回数に制限がないですし、先生とウマが合わなかった場合、すぐに違う先生に自分でチェンジできるので、かなりおすすめです。

 

  • italkiの登録方法、レッスンの受け方についてはこちらの記事で解説してます。

 

 

ぜひ、アプリ「Anki」と「italki」を上手に併用して、効率よく英単語やフレーズを学んでいってくださいね。

この記事を書いた人
DAIKI

英語・中国語の学習に役立つ情報や中国市場の情報について発信しています。
【略歴】
・京都に住んでいた時、中国人観光客の会話を何回も聞いているうちに中国語に興味が湧き、それ以降中国語の勉強にハマる。
・2019年3月〜中国の動画プラットフォーム「bilibili」で日本語や日本文化についての動画を中国人に向けて発信開始。
・現在は外国人に日本語を教えつつ、英語・中国語習得中。

DAIKIをフォローする
英語アプリ
スポンサーリンク
DAIKIをフォローする
DAIKI LIFE

コメント