【5分で分かる】日本人が英語を聞き取れない理由は簡単です。【発音矯正で解決】

英語コラム

毎日リスニングの練習してるのに、全く英語が聞き取れない、、一体どうすれば英語を聞き取ることができるようになるのかなぁ〜。

本記事では上記の疑問に答えていきます。

本記事の内容
  1. カタカナ読みを即やめる
  2. 英語の発音と独特のルールを把握する
  3. おすすめの発音練習方法

「英語の発音の仕組みくらい分かってるよ!時間がないから発音練習方法だけ教えて!」という方は、一気に3、「おすすめの発音練習方法」まで飛んでくださいね。

スポンサーリンク

日本人が英語を正しく聞き取れない本当の理由

なぜ日本人が正しく英語を聞き取ることが出来ないのか

結論から言うと、日本人が英語を聞き取れない理由は、「中学校・高校の時に正しい英語の発音を習っていない」からです。

つまり、正しい発音の英語が話せないから、正しい発音の英語が全く聞き取れないということですね。

例えば次の英単語を見てください。

  • 「RENT」(家賃)

おそらく、これを読んでくださいと言えば、多くの人が「レント」と答えるのではないでしょうか?

では、次に、それぞれのアルファベットを読んでみてください。

「R」:アール
「E」:イー
「N」:エヌ
「T」:ティー

おそらくみなさん、このように発音したのではないでしょうか?
これこそ発音の大きな間違いなんです。

というのも、日本では、アルファベットの読み方を次のように教えているはずです。

ただですね、これはアルファベットの発音ではなく、そのアルファベットの単なる名前にすぎません。

ちなみにR、E、N、Tの正しい発音は、

「R」:ゥル
「E」:エ
「N」:ンヌ
「T」:トゥ

なので、これをつなげて読むと、「ぅレント」のような発音になるんですよね。

このアルファベットの読み方をフォニックスと言って、英語を母語として話している外国人はみんな、小さい時にこのフォニックスの練習をしています。

フォニックス一覧表は以下の通りです。

 

これが正しい英語の発音なのに、日本では間違った発音を教えてるってなんだか不思議ですよね?

そりゃ、正しい発音ができないわけです。

そして正しいアルファベットの発音ができなければ、単語、そして文章も正しく発音ができるはずがありません。

ネイティブの言っている英語が聞き取れないのも、当然ですよね笑

また、ローマ字(カタカナ)を見て英語を読む人が日本人の中には多いですが、これも正しい英語の発音を身につけることから遠ざかってしまうので、今すぐやめたほうが無難です。

とにかく、音を覚えることに徹しましょう。

英語には日本語にはない独特の発音とルールがある

母音と子音の種類

英語の母音と子音の特徴はこちらです。

  • 母音の数は24種類あり、場所によって発音が変化する。
  • 発音は子音中心である
  • 日本語の発音にはない母音と子音がたくさんある。(子音:24種類)

それでは、一つずつ特徴を見ていきましょう。

まず、母音の数は日本語とは比べ物にならないくらい多いです。

例えば、日本語の「ア」に近い発音だと「ʌ」「ӕ」「ɑ」の三種類があります。

このように似ている母音の発音がいくつも存在するんですよね。

しかも、日本語では、語尾、語末に関係なく、「あ」なら全部「あ」と発音しますが、英語は場所によって発音が変化します。

これは厄介ですね。

次に、発音が子音中心であることが英語の特徴です。一方で日本語はというと、「母音が中心」ですよね。

例えば、「にほんご」をローマ字表記で表すと、

  • nihongo

というように、子音は必ず母音とセットで使われています。

母音ありきの子音です。

英語は、「p」「g」「k」など、ほとんど発音しない子音が多いので、これも日本人にとって難しいポイントですね。

最後に、日本語の発音にはない母音、子音が多すぎるということです。

例えば、「l」「r」の発音はどちらとも、日本語の「ラ行」の発音とは違いますよね。

今まで聞いたことのない音を正しく発音するのは、かなり難しいです。

アクセントとリズム

日本人が英語を話すと、ネイティブの人からすると、なんだか違和感のあるようなしゃべり方になってしまいます。

その理由は、日本語と英語のアクセントとリズムが違うからです。

英語は主に、「機能語」「内容語」の二種類に単語が分かれます。

詳しくは別の記事で書きますが、英語では、「内容語」の単語(名詞、動詞、形容詞など)にアクセントが来ます。

なので、文章の中で内容語の所は強く、機能語の所は弱く(ほとんど言わない感じで)発音します。

例えば、

  • I want to buy an apple.

の場合、「I , want ,  buy , apple」の部分を強調し、「to , an」はほとんど言わないように発音します。

リエゾン

リエゾンとは、「単語が子音で終わる時、次の単語の最初の母音と繋げて発音すること」を表しています。

これは、子音で終わる言語にしかない独特なルールなので、全ての単語が母音で終わる日本語を話す私たちにとって、リエゾンをマスターするのはかなり難しいです。

例えば、「I find it.」を日本人が発音すると、

アイ・ファインド・イットと発音してしまいます。

ただ、正しくは「アイ・ファインディッ」なんですよね。

「d」と「i」が繋がって読まれているため、このような発音になります。

リダクション

リダクションとは、「音の脱落」のことを意味しています

例えば、「good job!」を発音する時、「d」は発音されずに脱落します。

日本語では、子音と母音は常にセットなので、発音されない子音はありません。

これも英語の発音が難しい一つの理由です。

フラッピング 

フラッピングとは、二つの母音に挟まれている「t」は「d」「r」に近い発音になるルールのことです。

例えば、「water」の発音は、ウォーターではなく、ワーダーみたいな発音になります。

これは、aとeに挟まれている、「t」が「d」「r」の音に変化しているからですね。

ちなみにこれはアメリカ英語だけで、イギリス英語ではこの現象は起きません。
 

おすすめの発音練習方法

おすすめの発音練習方法

・本やアプリで正しい発音を練習する → ネイティブの人に直接発音をチェックしてもらう(オンライン英会話などで)

一番おすすめなのは、このステップで発音の練習をすることです。

まずは、本やアプリを使いながら、約1か月に渡って正しい発音を練習しまくります。

こちらの本を使えば、間違い無いですよ。

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる

こちらの本はアマゾンでベストセラー1位にもなっている人気本で、英語の母音・子音の発音を一つずつ丁寧に詳しく学ぶことが出来ます。

「she,sea」の発音の違い「子音が二つ連続して並んだときは、後の子音だけ発音する」などかなり細かい部分まで説明されているので、発音をマスターしたい人にはおすすめの本です。

CD BOOK フォニックス〈発音〉エクササイズBOOK

こちらの本は、2019年12月に発売された本なので、かなり新しい本ですね。

フォニックスのルールに加えて、日常生活でよく使う英単語(約1600語)を一緒に学ぶことが出来ます。30日間のプログラム構成になっているので、無理なく毎日フォニックスの練習が出来ますよ。

また発音ばかりしていると、飽きてくるかもしれないので、発音と同時に日常会話の表現が気軽に学べる、こちらの スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース) を同時に使うことをおすすめします。

スタディサプリ【新日常英会話コース】

価格は月1,980円と少し高いですが、それ相応のクオリティです。

  • 「ごくせん」「ナースのお仕事」などを手がけた人気脚本家によるドラマ仕立てのレッスンで、楽しみながら英語が学べる
  • NHK英会話タイムトライアル講師・スティーブ・ソレイシィ氏による分かりやすい講義動画が多数収録
  • クイズ、ディクテーション、キーフレーズチェックなど豊富な機能

1日3分から気軽に英語学習できるので忙しい人でも安心して発音練習、会話練習ができますよ。

またこの時に、

  • 鏡を使って口の形を確認
  • 洋楽を実際に歌いながら、英語のリズムやアクセントを練習
  • スマホについているボイスメモを使って、実際に自分の発音を確認

することで、さらに発音練習の効果を最大限に発揮できますよ。

そして、ある程度正しい発音が出来てきたなと思ってきたら、実際にネイティブの人に発音をチェックしてもらいましょう。

この時、英会話教室よりもオンライン英会話を使うことをおすすめします。
(英会話教室は高すぎてコスパ悪すぎます。)

その中でもオンライン英会話ネイティブキャンプ というサイトが一番おすすめ。

NativeCamp.(ネイティブキャンプ)

「ネイティブキャンプ」の最大の特徴は何と言っても、月6,480円という低価格で、無制限でレッスンが受け放題という点ですね。

とにかくたくさん発音練習したい人・英語をアウトプットしたい人にはかなりおすすめ。

まとめ

色々書いてきたので、今日の内容をまとめます。

まとめ

・日本人が英語を話せない理由は「正しい英語の発音を習ってない」から。

→フォニックスの練習をする

英語独特の母音・子音・発音のルールを把握することが大事。

・本、アプリを使って発音練習した後、ネイティブの人に発音をチェックしてもらう。

是非、以上の方法を試してみて、よりネイティブらしい英語の発音を身につけてくださいね。

この記事を書いた人

英語・中国語の学習に役立つ情報や中国市場の情報について発信しています。
【略歴】
・京都に住んでいた時、中国人観光客の会話を何回も聞いているうちに中国語に興味が湧き、それ以降中国語の勉強にハマる。
・2019年3月〜中国の動画プラットフォーム「bilibili」で日本語や日本文化についての動画を中国人に向けて発信開始。
・現在は外国人に日本語を教えつつ、英語・中国語習得中。

DAIKIをフォローする
英語コラム
スポンサーリンク
DAIKIをフォローする
DAIKI LIFE

コメント