英語発音判定アプリ「発音博士」の使い方【目指せネイティブ発音】

英語アプリ・ツール

おすすめマジで厳選!総合的な英語力が身につく英語アプリランキング5選

自分の英語の発音が合ってるか確認したいけど、オンライン英会話で先生から直接教えてもらうのは、ちょっと緊張するんだよね、、、気軽に発音をチェックできるアプリってないのかな?

こんな疑問にお答えします。

本記事の内容
  1. アプリ【発音博士】とは?
  2. アプリ【発音博士】の使い方
  3. 発音練習する際のポイント

今回ご紹介するのは、気軽に英語の発音チェックが出来るアプリ【発音博士】

英語の発音・スピーキング練習をしている時、本当に自分の発音が合っているのかどうか心配になることってありますよね。

【発音博士】を使えば、細かい部分まで、自分の癖や間違っている部分を確認できますよ。

英語の発音を矯正したい方はぜひ記事をご覧ください。

こちらの記事も一緒にどうぞ

スポンサーリンク

アプリ【発音博士】とは?

より自然に英語を話せるようになりたいけど、どこか自分の発音はネイティブスピーカーに比べて違和感がある、、

といっても、単語内のどの部分の発音がおかしいのかがよく分からない、、

こんな時に役立つアプリです。

このアプリには色々特徴があるのですが、中でも僕が特に目を引いた特徴はこちら。

「SeePhony」技術を用いた正確な発音評定

一番の特徴は、

「日本語を母国語とする人が、英語発音をする際に間違いやすい箇所を発音評定してくれる」点。

そして、この発音評定に「SeePhony」という技術が使われています。

「SeePhony」とは?

発音評定エンジンは、「音響認識技術」を持つ米国Sensory社との共同開発。

数百万人にも及ぶネイティブスピーカーの英語発音をサンプリングし、データベース化した音響モデルを使用。

日本人向けにチューニングすることで、日本人特有の英語発音のクセを一瞬で視覚化することができるようになりました。

サイト「KOTO laboratory」(https://www.koto.co.jp/products/seephony.html)から抜粋

ちょっと難しく書かれてますが、簡単に言うと、「自分の発音をたった0.2秒で見える化してくれる機能」ですね。

しかも、一つの単語(after)を音素単位([æ] , [f] , [t] , [ə] , [r]など)に分解してくれるので、ネイティブスピーカーとの発音の違いを一目で確認できます。

どの部分がどのように間違っているかまで分かるので、自分の癖や苦手な発音を洗い出せますよ。

アプリ【発音博士】の使い方・機能

アプリ【発音博士】の主な使い方について紹介していきます。

アプリ【発音博士】を使った発音練習の流れ

・お手本の発音を聞く → 自分で発音する → 結果を見る → 間違った発音を練習する → もう一度発音する

基本的にはこのようなステップで学習していけばOK。

お手本の発音を聞く

まずは発音練習したい英単語を選びましょう。

無料版で選べるのは、「基本単語100個」「月・曜日・数・惑星・衛星関係の単語」のみです。

他の単語は別途購入で選択可能になるので、まずは無料版を使ってみて、良かったと思った方は、有料版も買ってみてくださいね。

今回は基本単語100個から「after all」を選んでみました。

右上のスピーカーボタンをタップすると、お手本の発音を聞くことが出来ますよ。

自分で発音する

右下のスタートボタンをタップして、自分の発音を録音します。

結果を見る

このように採点形式で、自分の発音の正確さが表示されます。

今回は、71点という何とも微妙なスコアが出てしまいました。

下に表示されている赤い欄が自分の発音で、間違っている所は×がついていると思います。

僕の場合は、「r」「ɔːが日本語の発音「ら」「お」になっちゃってますね。

間違った発音を練習する

自分が録音した発音は、右下の赤いスピーカーマークをタップすれば再生できます。

また、「お手本発音」の欄では、各発音記号ごとに発音を確認できますよ。

間違った発音のところだけタップし、その発音を真似して練習しましょう。

その際に、口の動きが載っている動画や、発音に関する説明が書かれているアプリを一緒に使うことをおすすめしますよ。

以下の記事では、そのようなアプリを紹介しているので、良かったらどうぞ。

もう一度発音する

間違った発音を練習し終えたら、もう一度自分の発音を録音してみましょう。

僕も何回かやってるうちに、「100点」を出すことが出来ました。

これは学校の試験でも何でもないですが、やっぱり100点って嬉しいですよね。

発音記号の設定

発音記号は、

  1. Jones式(日本式発音記号)
  2. 標準IPA(国際音声記号)

の2種類から選べます。

文章で書かれてもよく分からないと思うので、例を貼っておきますね。

「Jones式(日本式発音記号)」

「標準IPA(国際音声記号)」

こんな感じでちょっと発音記号が違いますよね。

自分が分かりやすい方を選んでおけばOKです。

有料版の料金

  1. 中1~3英単語:各370円 (パック料金730円)
  2. 高1~3英単語:各490円 (パック料金980円)
  3. L,Rで始まる英単語:120円

L,Rは特に日本人が苦手とする発音なので、買っておいて損はしないと思います。

発音練習する際のポイント

毎日5分くらいの短い時間でもいいので、必ず毎日継続して発音練習することをおすすめしますよ。

発音練習を始め、語学学習は何よりも毎日の積み重ねが大事です。

といっても僕自身も継続するのが結構苦手でして、あることをしないと英語学習を習慣化できないんですよね。

それは、英語学習を日々の生活の中で習慣化されている行動と結びつけること

例えば、

  1. 歯磨き → 発音練習 → お風呂
  2. 寝る前に発音練習
  3. 朝起きて発音練習 → 朝ごはん

こんな感じですね。

この方法は継続が苦手な方にとってはかなり有効な方法だと思うので、良かったら試してみてください。

また、発音練習する際は、

  1. 鏡を見ながら行う
  2. 出来るだけ大げさに発音する

の2点に気を付けてくださいね。

日本人は英語を口から出す際に控えめに発音してしまう人が多いので、大げさに発音するくらいがちょうどいいですよ。

まとめ

今回は、アプリ【発音博士】の使い方を紹介してきました。

自分の変な発音の癖を矯正したい人、ネイティブスピーカーのように英語を話せるようになりたい方は是非使ってみてくださいね。

こちらの記事も一緒にどうぞ

この記事を書いた人

英語・中国語の学習に役立つ情報や中国市場の情報について発信しています。
【略歴】
・京都に住んでいた時、中国人観光客の会話を何回も聞いているうちに中国語に興味が湧き、それ以降中国語の勉強にハマる。
・2019年3月〜中国の動画プラットフォーム「bilibili」で日本語や日本文化についての動画を中国人に向けて発信開始。
・現在は外国人に日本語を教えつつ、英語・中国語習得中。

DAIKIをフォローする
英語アプリ・ツール
スポンサーリンク
DAIKIをフォローする
DAIKI LIFE

コメント