【後悔してからじゃ遅い!】大学生のうちに絶対にやっておくべきこと5選

その他

 

毎日授業に行って、サークルに行って、バイトに行って、家でごろごろするの繰り返し。凄い楽しいけど、このままで本当にいいのかな?今のうちに何かしらのスキルや経験を蓄えておいたほうがいいのかな??

 

こう思っている大学生、来年以降大学に入学する高校生にぜひ読んでもらいたい記事です。

今日、twitterでこんなツイートをしました。

 

 

僕の大学時代がどんな感じだったかというと、

 

 

本当はまだまだ色んな出来事があったのですが、全部書こうとすると、何回日が暮れるか分からないので、これくらいにしておきます(笑)

こういった感じで、僕の大学生活はごく普通なものでした。(ちょこちょこ変な部分もありましたが。)

 

このように多くの大学生は、毎日、授業・サークル・バイト・飲みなどのサイクルを回して過ごしていると思います。

僕自身も将来のことを何も考えず、ただただ毎日楽しんで過ごしていたのですが、ここで皆さんに声を大にして言いたいことがあります。

それは、

「大学生のうちに将来役に立つ知識や経験を蓄えておいたほうがいい!」

ということです。

 

よく巷では、

・大学生は時間はあるけど、お金がない。

・社会人はお金はあるけど、時間がない。

と言われていますが、

 

この「大学生は時間はある」という部分は、とても重要なポイントです。

というのも、社会人になってしまうとどうしても自分の自由に使える時間が少なくなってしまい、(時間がある程度あったとしても、仕事の疲れで、他のことに手が付けられない)という状況に陥ってしまいます。

なので、時間調整がしやすい大学生の間に色んなことに挑戦しておいたほうが確実にいいです。

  
何かに挑戦してみたい気持ちはあるけど、いったい何をやればいいの?

 

ということで今回の記事では、大学生のうちにやっておくべきこと」について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

実りある大学生活を送るために、大学時代にやっておくべきこと5選

①プログラミング

大学生のうちにやっておくべきこと プログラミング

 

他の人も言っているように、「プログラミング」は超おすすめします。

僕はHTML・CSSそして、javascript , PHPを勉強したことがあります。僕の場合、その時プログラミングが自分にとってあまり面白くなかったので、今はやっていません。

 

なぜおすすめするかというと、

・インターネット市場がこれからもまだまだ伸びる。
・プログラミングの需要に対して供給が圧倒的に足りない。
・初心者からでもスキルを得やすい
・パソコンとネット環境があれば、すぐに取り組める。

 

こんな風に、プログラミングって将来食いっぱぐれのないスキルなんですよね。

夏休みや春休みなどの時間を使って、短期間集中して勉強し、長期インターンシップで実践を積むなどすれば、ある程度高いスキルを得られると思います。

こうすることで、その後の自分の人生をより自由に選択することができるようになります。

例えば、プログラミングのスキルを使って、デザイン系の会社で働くのでもいいですし、フリーランスとして独立するといった道を選択してもいいですよね。

 

大半の大学生は「会社に就職する」といった選択肢しか持っていないですが、プログラミングを勉強しておけば、自分の人生の選択肢を大幅に増やすことが出来ます。

 

②中国語

大学生のうちにやっておくべきこと 中国語

 

二つ目は中国語です。

ほとんどの大学では、第二外国語として英語以外の語学を学ぶと思います。

来年以降大学生になる方には、第二外国語は「中国語」を選択することをおすすめします。もし、中国語がなくて、スペイン語がある場合は、スペイン語がおすすめです。

現在大学生で、違う言語を選択しているという方であっても、「中国語」の授業を受けてみることをおすすめします。

  
何で中国語がおススメなの?

 

簡単に言うと、英語に次いで、これからの需要が高い言語が中国語だからです。

・中国語を話している人は英語の次に多い。
・日本国内で中国語を使うチャンスがたくさんある。
(日本に来ている留学生の中で中国人が一番多い。
日本への旅行者の中で中国人が一番多い。)
・年々科学技術が進歩している中国で話されている言語が中国語。
➡日本にはない新情報等を素早くキャッチすることができる。

 

主にこれらが中国語をおすすめする理由です。

また英語に加えて、中国語を理解できるようになれば、少なからず就職に有利になると思います。

英語に比べて中国語を話せる人はかなり少ないので、話せただけで、企業からは重宝されると思いますよ。

 

また、英語・中国語・スペイン語の勉強をおすすめする理由については、こちらの記事で紹介しているので、良かったら見てみてください。

どの外国語を勉強するのがおすすめ?世界で最も価値のある言語を3つ紹介!
世界中には何千もの言語が存在します。どうせなら将来役に立つ言語を勉強したいですよね。ということで今回の記事では、「需要が最も高い言語」について3つほど紹介していきます。言語選びにぜひ役立ててみてください。

 

③大学内にとどまらず、様々な人と交流する

大学生のうちにやっておくべきこと 様々な人との交流

 

様々な人と言ってしまえば、抽象的すぎるのですが、

例えば、

・ゲストハウスに泊まって、海外の人と交流してみる。
・ヒッチハイクをして、いろんな人と交流してみる。
・オンラインサロンに入って、様々な業種の人と交流してみる。
・気になるイベントに参加し、気になる人に話しかけてみる。

みたいな感じで、世代・年齢・国籍問わず、世界中の人と交流してみることをおすすめします。

どうしても大学生活では、いつも一緒にいる友達、ゼミの人、バイト先の人、サークルのメンバーなどというように、関わる人が限定されてしまいます。

価値観を広げるためにも、社会人・外国人と積極的に話してみましょう。

思わぬ情報を得ることができるかもしれませんよ。

 

④情報発信する

大学生のうちにやっておくべきこと  情報発信 

 

昔はSNSや動画はなく、多くの人がテレビや新聞・ラジオから情報を得ていたので、個人が大きな力を持つことは不可能でした。

ですが、現代では、インターネット・様々なSNSの普及によって、youtuberやtwitterやインスタのインフルエンサーなどのように、個人で活躍する人が増えてきました。

全員が巨大な影響力を持つのは難しいと思いますが、ちょっとした影響を与えられるような存在には誰しもなれる時代だと思います。

 

また、情報発信によって、

・自分の好きなことをより深掘りできる
・情報収集が上手になる
・伝える能力が身につく
・ライティング能力が身につく(ブログ)
・考える癖がつく

などなど様々なメリットを得ることができます。

 

なので、大学の時から自分の好きな分野で「情報発信」にチャレンジしてみることをおすすめします。

 

⑤アルバイト以外でお金を稼いでみる

大学生のうちにやっておくべきこと アルバイト以外にお金を稼ぐ

 

「いやいや、アルバイトだけで十分生活していけるなら、別にやる必要ないじゃん!」

って思う方もいると思います。

確かにそうなのですが、ただ、この経験が将来自分に与えてくれる恩恵はかなり大きいんです。

 

皆さんは将来何処かの会社に入社して、社会人として働くことになると思いますが、この時の収入源といえば、会社からの給料しかありません。

もし昇進すれば、給料はアップしますが、この増加は微々たるものです。

会社で給料を上げるのはかなり難しいことなのにも関わらず、支出は簡単に増えてしまいます。

 

例を挙げると、

・車のローン
・家のローン
・家電の買い替え
・子供の教育費
・携帯の買い替え
・娯楽費・交際費
・税金

などなどひっきりなしにお金はどこかに飛んでいってしまいます。

 

僕がこの記事を書いている今日は10月1日ですが、今日から消費税が10%に引き上げされました

たった2%の増税なので、そんなに影響なさそうに見えますが、例えば100万円使ったとすると、今までより2万円も多く消費税を払わないといけないことになります。

言い換えると、今までの生活を維持したいなら、

・100万円消費 → 2万円多く稼がないといけない
・200万円消費 → 4万円多く稼がないといけない

ということになります。

これってかなりの痛手ですよね。

 

でも、会社の給料はなかなか上がらない

という最悪な状況に陥ってしまうんですよね。

 

なので、もし大学生のうちからアルバイト以外でお金を稼ぐという経験をしていれば、こういった時にその経験が自分自身を守ってくれるんです。

消費増税分のお金を本業以外の副業で補うことができるようになりますよね。

 

今回は消費増税のケースで考えましたが、この他にも、

・物価の上昇
・給料の削減
・リストラ
・金融危機

などなど、様々なリスクがこの世の中には存在しています。

 

いつ何が起きるかなんて分からないので、これからの将来に備えて、大学生のうちからアルバイト以外で稼ぐということに挑戦してみましょう。

  
でも一体何をやればいいの???
・プログラミングを勉強して、クラウドワークスなどで受注してみる。
・ブログを運営してみる
・youtubeで動画を配信してみる。
・ビリビリで動画を配信してみる。
・twitterやインスタで情報発信してみる。
・noteで記事を書いて有料販売してみる。
・転売をしてみる。(メルカリなど)
・オリジナルブランドを作ってみる。(アパレルなど)
・ハンドメイドを作って、サイトで売ってみる。

などなど興味があるものから実際にやってみてくださいね。

「ビリビリ」とは、中国の動画プラットフォームのことです。こちらの記事で、ビリビリ動画について詳しく説明しています。

まとめ

いかがでしたか?

今回は「大学生のうちにやっておくべきこと」について5つ紹介してきましたが、どれか1つでもいいので、空いてる時間で少しずつ取り組んでいってみてくださいね。

「中国語を勉強したい人向けの記事」

 

「動画配信してみたい人向けの記事」

 

 

この記事を書いた人
DAIKI

英語・中国語の学習に役立つ情報や中国市場の情報について発信しています。
【略歴】
・京都に住んでいた時、中国人観光客の会話を何回も聞いているうちに中国語に興味が湧き、それ以降中国語の勉強にハマる。
・2019年3月〜中国の動画プラットフォーム「bilibili」で日本語や日本文化についての動画を中国人に向けて発信開始。
・現在は外国人に日本語を教えつつ、英語・中国語習得中。

DAIKIをフォローする
その他
スポンサーリンク
DAIKIをフォローする
DAIKI LIFE

コメント